保育園の連絡帳は子育ての味方

0~2歳児までは毎日担当保育士とやり取りすることが多い保育園の「連絡帳」。書き慣れていないと何を書いていいか悩んでしまう方もいるかもしれませんが、園生活、家庭での親子の時間を楽しくしてくれる子育ての心強い味方です。保育園の連絡帳を楽しく活用しましょう。

連絡帳の書き方のコツ

■基本的な連絡事項をしっかりと
体調の変化、お迎え時間の変更などは、最重要事項。登園時は先生方もバタバタしているので、口頭での連絡だけでなく、連絡帳にもしっかり記入すると安心です。体調の変化については「ちょっとおなかがゆるいです。」だけでなく、「朝もしっかり食べたのですが、家を出る前にいつもに比べるとかなりの軟便が出ました。機嫌はよくて元気です。」などと具体的に書きましょう。

■まずは返信の形で
「家での様子」の欄に何を書こうか悩んでしまった時は、その日の連絡帳の先生が書いてくれた園での様子を読み、返信をしてみましょう。先生が「こんな遊びをしていましたよ」と書いていたら、「家でも同じような遊びをこんな風にしています」とか、「家では見ない姿だったので意外でした」など。やり取りが続いていくと、自然に伝えたいことが出てきます。

以下で連絡帳でのやり取りの例を紹介しましょう。

<1歳児クラス>(入園直後)
登園時の別れ

朝別れた後、楽しく遊べたかな?

先生より:
「お父さんをお送りした後は泣きやんで笑顔が戻り、保育士とコミュニケーションを取りながら木の車などで遊んでいました。今日は昨日覚えたおやつ、食事前の手洗いから、座る位置まで一通り行っていました。昨日はお昼寝前に泣いていたのですが、今日はタオルを握りすぐに寝ていました。来週も楽しくすごせるといいですね。」

保護者より:
「別れ際に泣かれるとその後の様子が心配ですが、すぐに切り替えて遊べているのですね。新しい生活リズムや行動の流れにもなじんできているようで、ホッとしました。家でも眠るときはお気に入りのタオルが必需品です。今日は1週間の疲れもあるのか、いつもより早く眠りにつきました。」

気になることも質問してみましょう。

<1歳児クラス>(お弁当持参の保育室)
保護者より:
「お弁当は残さず食べるようですが、家では野菜をより分けて残し気味です。同じ親の作ったものなのに、どうしてでしょう?」

先生より:
「お友だちと一緒という雰囲気もあるのかもしれませんね。また、おうちではやっぱり甘えたい気持ちもあるのではないでしょうか? 保育室では、お弁当に限らず本当によく頑張っていますよ!」
連絡帳の記入例

連絡帳を通した会話で、先生との距離が近くなる


■誰が書いたかを書き添える
先生たちも慣れてくると、このおうちはいつもお母さん、このおうちはお母さんとお父さんで連絡帳も分担している、これはおばあちゃんの文面などとわかってくると思いますが、「誰から先生へのメッセージ」という思いも込め、様子の自由記入欄の文章の最後には(母)(父)など書き添えてみましょう。

先生方も受け持ちの先生が複数いる場合は誰が書いたかサインをしてくれると思いますが、ない場合もあるかもしれません。日中の担任、受け持ちの先生の字ならわかるでしょうが、例えば延長保育で保育者が複数いて、いつもの先生の字ではないけど誰だかわからないというようなことがある時は、サインを添えてもらうようお願いしてみましょう。

■連絡帳はいつ記入する?
連絡帳を登園前の朝にまとめて書く人もいれば、前日に書ける分は前日に書いてしまう人もいるようです。書き慣れていない頃は時間もかかるかもしれないので、時間に限りがある朝に記入するのは、朝にならないと確定しないこと(起床時間、朝食で食べたもの、排便の様子、体温など)に絞り、前夜に1日を振り返りながら「様子」の欄を書いてもいいですね。

>>>単なる連絡メモにとどまらず、子育てへのヒント、育児日記にも