2013年春に発売したストッケのストローラー「スクート」が、ユーザーの声を反映してアップグレード。より使いやすく機能的になりました。なんと初回入荷分は予約で完売してしまったとか!さまざまな改良を施した「スクート²」についてご紹介します。

ストッケ「スクート2」はより機能的にスタイリッシュに。こちらは、人気ナンバー1カラーの「ブラックメラーンジ」です。

子どもの目線を第一に「親子のつながり」を重視するというコンセプトはそのままに、世界中のユーザーの声を反映したアップグレードモデルです。


まずは旧バージョン「スクート」から変わらない、「スクート²」の魅力をチェック!

高級ベビーカー「エクスプローリー」や、長く使えるハイチェアとしてロングセラーを誇る「トリップ トラップ」でおなじみのストッケ。エクスプローリーに続く新しいストローラーとして2013年に発売された「スクート」は、都会で暮らす親子の生活にマッチしたサイズ感や、片手で折りたためる機能性が話題となり、発売開始からすぐに人気ベビーカーの仲間入りをしました。

人気の理由をいくつかあげますと、
  • 駅の改札を通れるコンパクトなサイズ
  • 生後1ヶ月から36ヶ月ごろまで、長く使える
  • サスペンションを装備したフレームによるスムーズな走行性
  • ハイシートかつ、人体工学に基づいた座面の設計により、赤ちゃんの乗り心地も快適
  • カフェやレストランではハイチェアとして使用可能
  • スタイリッシュなルックス
などなど、魅力が満載。
ママやパパたちの心をつかみ、今では代官山や二子玉川などおしゃれな親子が集まる街で、見かけない日はないほどです。

その「スクート」が2014年冬にアップグレードし、「スクート²」として新発売。従来のスクートユーザーの声をもとに施された改良点を解説します。

ハンドルの形状が変わり、より快適なベビーカーライフが実現

スクート²の大きな改良点のうちのひとつがハンドルの形状です。従来のスクートでは本体からまっすぐにハンドルが伸びていましたが、スクート²は押す大人の身長にあわせて3段階にポジションを変更できるように。身長差があるパパとママがどちらも使いやすくなり、グリップが握りやすくなりました。

本体とハンドルの位置が離れたことにより、身長の大きなパパやママでも、小股で歩く必要がなくなりました。より颯爽とベビーカーを押して歩けるように!

サンバイザーがひとまわり大きくなったのも改良点のひとつ。夏の紫外線や日差しからベビーを守ります。


また、ベビーカーで電車の乗り降りをするときによく行う「前輪のみを持ち上げる」という動作が格段にしやすくなったのも大きな改良点。テコの原理で大きな力を加えなくてもすっと前輪が持ち上がります。これは、力の弱いママたちにとってはとてもありがたいはずです。


このハンドルの形状は身長の大きなパパにとっても利便性が高く、ハンドルの位置が離れたことにより、大きな歩幅で歩いてもベビーカーを蹴ってしまうことが少なくなりました。

リクライニングが3段階に。通気性もアップ

ハンドルの形状と並ぶもうひとつの大きな改良点は、シートの角度を3段階に変更できるようになったこと。従来のスクートにあった、ほぼフラットになる「スリープ」と座面を起こした状態の「アクティブ」に加え、少しリクライニングした状態になる「レスト」が可能に。
3段階のリクライニング。「レスト」と「スリープ」時には左右のメッシュ部分により通気性がアップしました。

左から、「アクティブ」「レスト」「スリープ」の3段階に調節可能。切り替えもワンタッチで簡単です。

見た目からすると「レスト」はほんの少しのリクライニングにも見えますが、飛行機などで背もたれの角度をほんの少し倒すだけでも座り心地が大きく変わることから想像がつくように、赤ちゃんにとっても快適なはず。さらに、「レスト」と「スリープ」時には、左右から空気が入るメッシュ部分(これも従来品になかった改良点です)が左右から空気を通すため、通気性もアップしました。

パパにはたまらない?タイヤもアップグレード

今回の改良では、走行性の要となるタイヤも変更。EVAタイヤから「PUフォーム」というゴム製のタイヤに。クッション性が大幅に向上したため、衝撃吸収素材であるサスペンションを取り除いたそう。

タイヤのサイズが大きくなったため、重量が1キロ重くなり、駅によっては狭い改札を通過することができなくなりしたが、全体の重心が下がり、より安定感のある走行が可能になりました。また、ホイール部分のカラーもブラックにと、よりスタイリッシュな見た目に。これらの変更は、車好きなパパにはたまらないポイントのようです。

細かな配慮により、折りたたみ時の状態も改善!

折りたたんだ状態の「スクート2」。コンパクトなサイズになり、自立します。こちらの本体カラーは「ブラック」。

折りたたむと自動でロックされ、安定して自立します。


さらに、折りたたんだ状態も、収納時や持ち運び時に気になるポイントが改善されました。ハンドルを内側に収納できるため、折りたたんだときにハンドルが床に着かなくなりましたし、ロック機能によりだんだん広がってしまうこともなくなりました。


従来のスクートでは、折りたたむ際に取り外さなくてはならなかったドリンクホルダーも、装着したままでOK。細かな点ですが、毎日のこととなるとこのひと手間が省けるのはママには嬉しいポイントです。

商品名:ストッケ スクート²
価格:74,000円(税抜)
サイズ:D55cm/L75cm/H111cm
カラーバリエーション:全7色(2015年4月1日に発売の新色2色を含む)
問い合わせ:ストッケ TEL 03-6892-3377 
URL:http://www.stokke.com

>>>次は4月1日発売の新色やデザインをカスタマイズできる新アイテムをご紹介


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。