ケンタウロス大戦争

ケンタウロス大戦争の図

にゃんこ大戦争ならぬ、ケンタウロス大戦争

ギリシャ神話に、ケンタウロスっていますよね、上半身が人間で、下半身が馬の生き物。最近、スマートフォンなどのモバイル端末向けのゲームをしていると、このケンタウロスを思い浮かべることがあります。

ガイドの頭の中にある、とりとめもないイメージの話で大変恐縮なんですが、色んなゲームがケンタウロスに見えるんですよ。ケンタウロスというか、正確には、上半身と下半身が別々の生き物。上半身は色々あるんですね、人間だったり、カエルだったり、カニだったり、でも下半身はみんな馬なんですよ。ヒヒーン。

で、これが大戦争を繰り広げているんです。上半身は色々ですから、色んな戦い方ができるんです、人間は剣を持って戦うけども、カニは堅い甲羅でガード、そしてハサミでちょっきん、カエルは長い舌でちょっと離れた間合いから攻撃、とか。

でも、1つ残念なことがあります。それは、みんな結局下半身は馬だということです。だから、基本は平らで広いところを見つけて、敵にむかってつっこんでいくしかありません。木の上に身を潜めての奇襲とか、海を渡って背後からとかそういうことができないんですよ。これ、下半身も変わったら、すごく面白くなりそうなのになあ、と思うんです。

えー、この時点で何かピンときた方もいらっしゃるでしょうか、何言ってんだかさっぱりという方の方が多いでしょうか。すいません、変な話で。でもこの変な話、少し続けさせてください。

パズドラの成功と色んな上半身のケンタウロス

パズドラの図

パズドラはスマートフォンに大きな流れを作りました

ガイドは、最近人気のモバイル端末向けゲームが、ケンタウロスのように見えることが良くあります。上半身と下半身が別々に見えるんですね。もちろん全部のゲームがというわけではないのですが、とても目立ちます。そして、上半身は色々ですが、下半身はいつも馬なのです。

ケンタウロスの代表は、ガンホー・オンライン・エンターテイメントが配信している「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」です。パズドラは、3,200万以上のダウンロードを誇る、モバイル端末向けゲームのトップを走るタイトルです。それまで携帯電話向けのソーシャルゲームで定番化していたカードバトルの仕組みをベースに、スマートフォンで遊ぶのに最適化されたパズルを載せた形で、携帯電話からスマートフォンへの移行を象徴するようなタイトルとなりました。

そのパズドラが大ヒットすると、パズドラのパズル部分を変えたようなゲームがたくさん登場します。このパズル部分が、ケンタウロスの上半身です。コロプラの「クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ」は上半身がクイズに、セガの「チェインクロニクル」ならラインディフェンス、ミクシィの「モンスターストライク(以下モンスト)」は「ひっぱりハンティング」と呼ばれる、キャラクターをひっぱって飛ばし、敵にあてて倒す独特のアクションが人気になりました。ちょっと変わったところでは、TOYDEAの「ドラゴンファング ~竜者ドランと時の迷宮~」は上半身がローグライクになっています。スパイクチュンソフトの「不思議のダンジョンシリーズ」みたい、というと分かりやすいでしょうか。

しかし、これらのゲーム、内容のうち半分は全く別のゲームなんですが、もう半分はそっくりなんですね。それが、ケンタウロスの脚です。細かく言えば色々違いもあるんですけども、基本的にはカードバトルの課金と育成の仕組みです。厳密には、どのゲームも集めるのは「カード」というわけではないんですが、この記事では便宜上「カード」という言葉を使わせていただきます。

クエストの途中で手に入れるか、ガチャと呼ばれる抽選クジで、仲間のカードを集め、カード同士を合成することで育てていって、それらのカードを装着することで攻撃力や体力、属性なんかが決まっていく、という仕組みです。場合によっては、この下半身部分はパズドラのクローンとでも言いたくなるぐらい、そっくりなものもあります。

パズルにクイズに、ディフェンスゲームにローグライクなどなど、色んなゲームが登場するのはとても嬉しいことです。一方で気になるのは、下半身の方です。