冬になると乾燥肌が急増、その原因は?

そもそも乾燥肌とはどのような状態を指すのでしょうか? 健康な肌には角質層に約30%の水分が含まれています。それが保湿システムがうまく機能せずに30%以下になることを、乾燥肌と呼びます。
冬場はいくら潤いを補給しても物足りないのはなぜ?

冬場はいくら潤いを補給しても物足りないのはなぜ?


もともと乾燥肌体質の方は夏場でも乾燥を感じますが、ノーマル肌、混合肌の方も冬になると乾燥のトラブルが出てきます。これは、肌が環境に敏感に反応するためです。冬場は気温や湿度が下がり、もっとも乾燥するシーズン。湿度が30%前後になると、角質層の水分が外気に奪われて減っていきます。また、冬は汗をかく機会が減り、汗と皮脂が混ざりあってできる天然の保湿クリームである皮脂膜を形成しにくくなることが、冬場の乾燥の原因です。


年を重ねるたび乾燥が気になるのはなぜ?

20代前半は冬になってもそこまで乾燥が気にならなかったのに、アラサーを過ぎるとぐっと悪化。それは、加齢によって皮脂分泌量が減少していくからです。女性の皮脂分泌量のピークは20代に迎え、その後は減少していきます。

そのため、若い頃は脂性肌でも年齢を重ねると混合肌やノーマル肌に変わっていくのは、よくあること。アラサー世代では混合肌が多いかと思いますが、40代以降になるとノーマル肌や乾燥肌の人が増えてきます。自分は混合肌と思いこまず、毎年肌の状態を把握することが美肌のカギ!

また、年を重ねると皮膚のターンオーバーが乱れて古くなった角質が溜まってきます。新しくきれいな角質でないと水分がキープできないので、加齢により古くなった角質の肌は乾燥の原因となります。


これ以上乾燥肌にさせないために!

まずは室内環境を見直しましょう。加湿器で40~60%を保つと、肌も潤いをキープしやすくなります。スキンケアでは、ターンオーバーを高めるために角質ケアをしながら保湿成分を与えます。冬場は乳液でケアを終わらせず、保湿力の高いセラミドやヒアルロン酸が配合されたこっくりとした重め質感のクリームがおすすめです。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。