ダイナミックさはそのままにシャープな雰囲気も漂う

フォード・マスタング

躍動感を抱かせるプレスラインやBピラーをクォーターウインドウが覆うデザインにすることで、シャープで伸びやかなサイドビューになっている


外観は新しさを随所に感じさせながらも、マスタングらしい「シャークノーズ」は健在で、ヘッドライトはまさにサメのような目つき。ボディフォルムは「ロングノーズ&ショートデッキ」に加えて、新型はより低くワイドに構えているから迫力満点だ。

リヤはLED化された3連リヤコンビランプがマスタングらしさを強調し、クーペらしく傾斜のきついルーフラインなど、好きな人が見るとたまらないラインを描いている。

インパネは航空機のコクピット風

フォード・マスタング

T字型の骨太なインパネは、2眼メーターと3連のエアアウトレットが印象的で、コクピット風のデザインになっている。中央には8インチディスプレイを配置し、オーディオやエアコンなどをタッチコントロールできる


内装は、大型2眼メーターと連なるエアアウトレットやセンターパネル下側に連なるトグルスイッチなどが目を惹く。ハイクオリティとまではいえないが、先代からの質感向上は明らか。

フォード・マスタング

前席は頭上こそややタイトだが、ワイドボディと大きなシートを活かしてゆったりと座れる
 

フォード・マスタング

前席は頭上こそややタイトだが、ワイドボディと大きなシートを活かしてゆったりと座れる。後席は非常用の域を出ないが、子どもや短時間なら大人もなんとか許容するフットスペースを確保する。ただし大人だと頭上はかなり狭い


今回のローンチ限定モデルは左ハンドルだが、右ハンドルも上陸すればいままで以上に多くの日本のファンを獲得できるモデルなのは間違いない。もちろん従来からのファンも納得できる仕上がりだし、V8やコンバーチブル仕様も控えているのも楽しみだ。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。