その3:糖度18%の『富山干柿』

解説画像

お殿様も愛した富山の干し柿

最後は県推奨とやまブランドに認定され、県西部にある南砺市城端(じょうはな)で作られる絶品の干し柿を紹介します。土地の固有種である三社(さんじゃ)柿を20日から25日間干して(乾燥させて)作った干し柿は、糖度18パーセントを誇り、出荷シーズン間際になると全国から問い合わせが殺到するほど人気です。

もともとは加賀藩の藩主・前田利常が奨励して製造が始まったという歴史を持ちます。時を経た今でも、乾燥中に干し柿1つ1つに合計2回の手もみ作業を行うなど、昔ながらの製法で上品な甘みを守っています。

お土産品としてなら、駅や空港で買えます。自宅まで待ちきれないという方は、移動中の新幹線などで味わってみてもいいかもしれませんね。

○富山干柿出荷組合連合会
ホームページ

以上、一度は食べてみたい富山のご当地グルメを紹介しましたが、いかがでしたか? 

富山の海の幸については過去記事「北陸新幹線で食べに行く!富山湾を代表する海の幸3選」で紹介しました。今回海鮮系以外のグルメ。他には氷見(ひみ)牛、黒部名水ポークなども人気です。富山観光の際には、ぜひとも口にしてみてくださいね。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。