もしかして虐待?と思ったら

ブランコをこぐ子ども

周りの大人が「気づく」ことが大切です

顔や体に不自然な傷やアザがある。いつも服や身体が汚れている。態度がおどおどしている。がっつくように急いで食べる。頭をなでようとするとビクッと身構える。年齢にふさわしくない性的な話をする。表情が乏しい。家に帰りたがらない。

……これらは虐待のサインです。でも「もしかして、虐待?」と思っても、どうしてあげたらいいのかわからないという人は多いのではないでしょうか。

子どもを虐待から守るためには「虐待について知ること」「専門家につなぐこと」が大切です。

児童虐待の種類と影響

虐待は、次の4つの種類に大別されます。

・ 身体的虐待
殴る、蹴る、煙草の火を押しつける、熱湯や冷水をかける、長時間家の外に閉め出す、等

・ ネグレクト(養育放棄)
子どもに必要な衣食住の面倒を見ない、必要な医療を受けさせない、家や車の中に放置する、等

・ 心理的虐待
「生まれてこなければよかったのに」「お前は何をやってもダメだ」など子どもの人格を否定する暴言、言葉による脅し、激しい叱責、きょうだい間での差別的扱い、DVを目撃させる、

・ 性虐待
性的な行為を強要する、性器を触る/じろじろ見る、性器や性交を見せる、ポルノを見せる、裸の写真を撮る、等

身体的虐待は命に関わる大きな事故に繋がりやすく、ネグレクトは子どもが幼ければ幼いほど、生命維持の危機に直結します。心理的虐待は、子どもが自己肯定感を育むことを阻害して、生きづらさの原因となりますし、性虐待は「されたことの意味」がわかる思春期以降にも、大きな傷つきと混乱を与えます。

なるべく早く、専門家につなぐ

児童相談所電話番号

虐待通報が子どもの命を守ります

虐待が疑われたら、児童相談所に通報するというのが、周囲の大人ができる最も効果のある行動です。子どもを特定するための情報は必要ですが、通報者は匿名でも構いません。

児童相談所は、虐待されている子どもを親から引き離すことのできる大きな権限を持っています。通報があると、児童相談所は48時間以内に子どもの安全確認をすることになっています。

どのような行為が「虐待の疑い」になるのかわからず、通報をためらう人も多いようです。通報した方がいいかどうかを専門家に相談することもできますし、[虐待 サイン]で検索すると、この記事の冒頭に挙げた兆候の他にも色々な情報が手に入りますので確認してみましょう。

大事にしてほしいのは、あなたがその子に感じる「違和感」です。「虐待の確信を持ってから」と通報を先延ばしにしていると、手遅れになるかもしれません。

あなたが抱いた「違和感」を周りの人と共有しておくことも、子どもを見守る目を増やす、とても大切なことです。その子が通う小学校や幼稚園の先生たちの耳にも入れておきましょう。

子ども自身には「元気ないね?なにかあった?」と声をかけるなど、気にかけているということを、子どもにわかる形で伝えましょう。「つらい時はここに電話するといいよ」とチャイルドラインの情報をメモで渡すのもいいですね。

チャイルドライン

               チャイルドラインは子どもの声を受け止める電話です


ただ、虐待されているということを、子どもはなかなか打ち明けてくれません。

>> 口をつぐむ子どもたち