2014年から2015年の年またぎ企画として、電通四季劇場[海]で上演中の『劇団四季FESTIVAL! 扉の向こうへ』。様々なミュージカルナンバーをゴージャスに構成したショー形式の作品です。今回のコンセプトは”劇団四季の現在と未来”。本作にヴォーカルパートでご出演の劇団四季俳優・上川一哉さんにお話を伺って来ました!

瞬発力を意識して作品の世界を大切に伝えていく


上川さん

(撮影:演劇ガイド・上村由紀子)


――上川さんはショー形式の作品には今回が初参加ですが、お稽古に参加してみていかがでしたか?

上川
通常のミュージカル作品と違い、1つのストーリーが展開していく舞台ではないので、1曲ごとに気持ちや体のモードを切り替えるという感覚を自分の中に入れて行くのが最初はとても大変でした。殆ど手探りの状態だったかもしれません。

――中でも1番厳しいと思われたのはどんな事でしょう?

上川
今回僕はヴォーカルパートで参加させて頂いていますので「歌」で作品の内容だったり、曲に込められたメッセージをお客様に届けるというのが1番の仕事なんですね。1曲1曲としっかり向き合い、どうやったらきちんと伝わる歌を歌えるのか……そこを深く考えました。

上川さん

(撮影:演劇ガイド・上村由紀子)


――『劇団四季FESTIVAL! 扉の向こうへ』(以下四季フェス)の中で、上川さんはご自身が演じられた『ウィキッド』や『リトルマーメイド』のナンバーも歌われていますが、作品の中で役を演じるのと、ヴォーカルパートとして四季フェスの中で歌われるのはまた違う感覚ですよね。

上川
ああ、それはもう全然違いますね。作品を通して役を演じる時はストーリーの中でその曲を歌う流れが出来ていて、そこに自然に乗って行けるのですが、今回のように1曲1曲すぐに気持ちを切り替えて歌う構成ですと助走が出来ないというか、一瞬でその世界に入る瞬発力がより大事になると思います。

――今回は構成・振付・演出が加藤敬二さんですが、加藤さんとの現場はいかがでしたか?

上川

最初に加藤さんの振付で作品に出させて頂いたのが『夢から醒めた夢』(2006年)や『エビータ』(2006年~)だったのですが、当時は入団して1,2年で右も左も分からず、ただ必死に付いていくという感じでした。あの時も沢山厳しいお言葉を頂きましたが、当時があったからこそ今があるのかな、と思っています。

今回、ヴォーカルパートでの出演ではあるのですが、「フレンド・ライク・ミー」(『アラジン』)のパートではダンサーとして踊る場面も用意して下さって感慨深いです。

四季

『劇団四季FESTIVAL!』(撮影:荒井健)


――本作では芝(清道)さんや味方(隆司)さんらのベテラン勢ともご一緒ですね。

上川

いやあ、本当に得るものが大きいです。芝さんからは歌に関して様々なアドバイスを頂きますし、実は”見て盗ませて頂いている”ところがかなりあります。味方さんはあの存在感が凄いと思いますし、台詞の言い回しや間(ま)を同じ舞台に立ちながら勉強させて頂いています。

――ご自身が担当されているナンバーで特に思い入れが深いパートはどこでしょう?

上川

特に”頑張らないと”と思うのは「一歩ずつ」(『リトルマーメイド』)ですね。オリジナルキャストの1人としてエリックを演じさせて頂いた事もあり、しっかりお客様に届けないといけない、作品の世界観をお伝えしたいという思いがより強いナンバーです。

フェス

『劇団四季FESTIVAL!』(撮影:荒井健)


――では難しいな、と苦心された場面は?

上川

特に難しいと感じるのは「ハンニバル」(『オペラ座の怪人』)等、クラシックの歌い方が要求されるナンバーでしょうか。僕は元々、四季ではダンサーとしてスタートした事もあり、クラシックの歌唱法に関してはまだまだ勉強しなければいけない事が沢山あるな、と痛感しています。ただカンパニーの中にはクラシックの勉強をなさって来た方達もいますので、”もっと横揺れのリズムを感じて”など、色々アドバイスも頂けています。こういう風にその道に詳しい方達から教えて頂けるのが劇団四季の素晴らしい所です。


上川さん

(撮影:演劇ガイド・上村由紀子)


⇒ 上川さんが高校時代にハマったモノとは?(次ページ)