iTunes専用スクリーンセーバー「ビジュアライザ」

友達とのおうちパーティーで音楽を流すとき、パソコン画面でiTunesのウィンドウがそのまま表示されるのは、少し味気ない。せっかくなので、パーティーらしい画面にしてみましょう。

よく使われるのがスクリーンセーバーです。でも、iTunesには専用のスクリーンセーバーともいえる「ビジュアライザ」という機能があります。せっかくなので使ってみましょう。
iTunesのビジュアライザの画面。おしゃれで華やかなのが特徴

iTunesのビジュアライザの画面。おしゃれで華やかなのが特徴



ビジュアライザを表示する

まず、iTunesのウィンドウ左上にあるアイコンをクリックして[メニューバーを表示]を選びます。
アイコンをクリックして[メニューバーを表示]をクリック

左上のアイコンをクリックして[メニューバーを表示]をクリック


次に、メニューバーにある[表示]から[ビジュアライザを表示]を選びます。
[表示]をクリックして[ビジュアライザを表示]をクリック

[表示]をクリックして[ビジュアライザを表示]をクリック


これでビジュアライザが起動します。iTunesを全画面表示にすれば、パソコンの画面に表示されるのは上部の操作パネルとWindowsのツールバーのみになります。
ビジュアライザはiTunesのウィンドウのなかだけで表示される

ビジュアライザはiTunesのウィンドウのなかだけで表示される


ビジュアライザは曲が変わると種類が変わり、また曲の音量やテンポに合わせて変化します。完全にピッタリ動作するというわけではありませんが、ぼんやり見ているだけでも意外と楽しめます。
曲が変わるとビジュアライザの雰囲気も変わる

曲が変わるとビジュアライザの雰囲気も変わる


もとのiTunesの画面に戻すには[表示]から[ビジュアライザを隠す]を選びます。


音楽を流しっぱなしのときに楽しめる

ビジュアライザを使うと、曲の一覧から選択できなくなるので(次の曲に移動などはできる)、聴きたい曲を毎回選ぶ、というシーンには不向きかもしれません。一方で、料理の準備などで手が離せず、音楽を流しっぱなしにするようなシーンでは使えるといえます。

一人で見るのもいいですが、友達が集まるようなときにビジュアライザを使うと、いつもとは違う雰囲気を作れるのかもしれませんよ。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。