歴史あるバウムクーヘン・カフェ「クルーゼ」

sw7

多種多様なバウムクーヘンのほかケーキも豊富なコンディトライカフェ「クルーゼ」

sw8

看板もドアノブもバウムクーヘン型!

「エアステ・ザルツヴェーデラー・バウムクーヘンファブリーク」が保有する最古のレシピと同じ時代から伝わる古いレシピを受け継ぐお店が、こちらのカフェ「クルーゼ(Kruse)」。かつてはザルツヴェーデルにあるバウムクーヘンのお店をひとつにまとめたこともありましたが、第二次世界大戦後の東ドイツ統治下で、店舗を採られたり投獄されたりと激動の時代を経て、現在はヴルシュレーガー家がオーナーとなっています。

 


sw9

バウムクーヘンを使ったケーキも

バウムクーヘンはほのかなスパイスとバニラの風味が印象的。フォンダンがけとチョコレートがけ(ミルクとビターの2種)のほか、フォンダンとチョコレートのハーフ&ハーフがあり、味見用にひと口サイズのバウムクーヘンも用意されています(有料)。

約200席という広々としたカフェの中庭にはテラス席もあり。種類豊富なケーキやアイス、バウムクーヘンに生クリームをこんもりのせたデザートもいただけます。

<DATA>
Cafe Kruse
住所:Holzmarktstr. 4-6 29410 Salzwedel
TEL:TEL:03901-422107
営業時間:月~土8:30~18:30 日 10:00~18:30
アクセス:ザルツヴェーデル駅から徒歩15分
予算:バウムクーヘン 26ユーロ/kg

町の中心のコンディトライカフェ「トレフ・イム・アドラー」(ザルツヴェーデラー・バウムクーヘン)

sw10

町の中心の明るいコンディトライカフェ「トレフ・イム・アドラー」。ホテル「シュヴァルツァー・アドラー」」に隣接しています

sw11

町のシンボル「市庁舎の塔」に隣接

ザルツヴェーデルや近郊に何軒も支店を持つバウムクーヘン工房「ザルツヴェーデラー・バウムクーヘン(Salzwedeler Baumkuchen GmbH)」が経営する「トレフ・イム・アドラー(Treff im Adler)」は、町の中心の市庁舎の塔に隣接するコンディトライカフェ。広場に面した明るい雰囲気のお店です。こちらはカフェメニューが充実していて、朝食やランチ、アイスデザートなどもいただけます。

バウムクーヘンはフォンダン、チョコレート(ミルクとビターの2種)、ハーフ&ハーフと、「クルーゼ」と同じような品揃えでお味の方も似ています。ザルツヴェーデルのバウムクーヘンの歴史をたどってみると、複数の継承家が出てくるのでタイプが似ているのもなるほどと頷けます。いずれにしても、「ザルツヴェーデルのバウムクーヘン」を掲げるお店が200年もの長い間、伝統的なレシピを守って本物のバウムクーヘンを作り続けていることに変わりはありません。

<DATA>
Treff im Adler( Salzwedeler Baumkuchen GmbH)
住所:Neuperverstr. 29 29410 Salzwedel
TEL:03901-477527
営業時間:月~土7:00~18:00日10:00~18:00
アクセス:ザルツヴェーデル駅から徒歩15分
予算:バウムクーヘン 27ユーロ/kg
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。