行列ができるバウムクーヘン「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーべ」の本店へ!

hk1

ホレンディッシェ・カカオシュトゥーべのバウムクーヘンとひと口サイズのバウムクーヘン・シュピッツェン

ドイツのバウムクーヘンの老舗「ホレンディッシェ・カカオシュトゥーべ
(Holländische Kakao-Stube)」。伊勢丹・三越ほか日本のデパートにも出店し、行列ができるお店としても知られています。

hk2

地元で愛されているコンディトライ

この舌を噛みそうな名前のお店の本店があるのは、ドイツ北部ニーダーザクセン州の州都ハノーファー。ドイツ語で「オランダのココア店」という意味をもつ店名は、1895年にオランダの老舗ココア「ヴァン・ホーテン(van Houten)」の試飲所としてオープンしたことに由来します。ココアだけでなくお菓子も販売するカフェとなったのは、1921年に現オーナーのバルテルス家が店を買い取った後。第二次世界大戦時には空襲で店がなくなってしまいましたが、その後見事に復興して今に至っています。

 


hk3

ケーキやチョコレートの種類も豊富

ドイツでは国立菓子協会による「バウムクーヘンの定義」で原材料の比率が決められているほか、ベーキングパウダーや植物性油脂の不使用などの基準をクリアしたものだけが本物と認められます。この伝統を守って作られるホレンディッシュ・カカオシュトゥーべのバウムクーヘンは、素材の風味がいきた、ドイツの昔ながらの味わい。本店では大小様々なバウムクーヘン、チョコレートで包まれたひと口サイズの「バウムクーヘン・シュピッツェン」、ケーキの「バウムクーヘン・トルテ」など多種多様なバウムクーヘン商品のほか、チョコレートやクッキーなどお土産にぴったりなスイーツが豊富に揃っています。

ココアとケーキが美味しいレトロなカフェ

hk5

創業以来の看板商品のココアと美味しいケーキで至福のカフェタイム。

hk6

ここだけ時間が止まっているようなノスタルジックなカフェ

日本ではバウムクーヘンがあまりにも有名な同店ですが、地元ハノーファーでは伝統的なコンディトライ・カフェとして知られています。店内は市松模様のフロアにデルフト焼きタイルの柱などレトロな雰囲気たっぷりで、まるでタイムスリップしたみたい。昔の写真や絵画なども飾られ、お店丸ごとが博物館のようです。

創業当時からの看板商品であるココア(ドイツではカカオやショコラーデと呼ばれます)は今も大人気。プレーンなココアや生クリーム付きのウィーナーココア、フランス風に黒い森風、ハワイにジャマイカ風まで15種類ものココアメニューが揃っています。バウムクーヘントルテやフルーツトルテほか種類豊富な美味しいケーキとともに至福のお茶タイムをどうぞ!

<関連記事>
>>>ドイツのバウムクーヘン

<DATA>
Holländische Kakao-Stube
住所:Ständehausstr. 2 30159 Hannover
TEL:0511-304100
営業時間:月~金9:00~19:30 土9:00~18:30
アクセス:ハノーファー中央駅から徒歩5分
予算:バウムクーヘン 35.5ユーロ/1kg ケーキ 2.8ユーロ 
食事メニューもあります。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。