「ふんどし」が流行の兆し

ふんどし

ふんどしを使い始めると、快適性に目を見張ります

クリエイターのいとうせいこうさん、俳優の古田新太さん、森三中の大島美幸さんに共通することは、何でしょうか?

答えは「2013年のベスト・フンドシスト」。日本ふんどし協会は毎年、ふんどしの普及に貢献している人に、「ベスト・フンドシスト・アワード」を贈っています。

ベスト・フンドシストの授賞式は、2月13日です。翌2月14日は、日本ふんどし協会が「ふんどしの日」としています。

「ふんどしを締めている人は、おじいちゃんぐらいでしょ」と思うのは、間違いです。ふんどしは、NHK などのマスコミでも取り上げられてから、秘かにブームとなってきています。男性だけでなく女性の間でも広まっていて、購入者の半数以上が女性とのデータもあります。

ふんどしと言っても、お祭りのときに若い衆がつけている、ネジネジのものではありません。男性ならヒモに長い布が付いた「越中ふんどし」、女性に紐パンタイプの「もっこふんどし」がおススメです。

夜だけふんどしをする「夜ふん」から

越中ふんどし

カラフルな越中ふんどしが増えています

ふんどしを試すなら、まず、夜だけ付けることをお勧めします。「夜ふん」の最大の利点は、体を締めつけずに6~8時間過ごせることです。眠るときに体が締めつけられると、リラックスできず、睡眠の質が悪くなります。

パンツやガードルは、お腹や足のつけ根を締めつけます。すると、血液やリンパの流れが悪くなり、手足のしびれやむくみがひどくなります。さらに、血行不良は冷えをはじめ、便秘や下痢、生理痛、生理不順、肥満などを引き起こします。

それに対してふんどしは、ヒモをゆるめに結べば、お腹を締め付けることはありません。実際につけた女性からは、「こんなに解放されるとは思わなかった!」という感想も聞かれます。血行も良くなりやすく、いやな症状も減ります。熟睡できれば、翌朝は気分よくスッキリ目覚められます。

夜ふんの付け方

もっこふんどし

女性には、紐パンタイプの「もっこふんどし」がお勧めです

越中ふんどしの場合、まず、腰の後ろに布がくるようにふんどしをあてて、お腹の前でヒモを結びます。次に、布を後ろから股を通して、前に持ってきます。そして、前で結んだヒモに布を通して、キュッと引っ張ります。最後に、シワを伸ばして、形を整え完成です。

もっこふんどしを付けるときは、まず、ふんどしに片脚を通し、ヒモが腰の位置に来るようにします。次に、腰の横でヒモを結んで、形を整えたら完成です。

女性の場合、どうやってトイレするの?と、心配になるかもしれませんが、大丈夫です。越中ふんどしであれば、ヒモをほどかず、布をヒモから外して、後ろから肩にかけます。もっこふんどしは、ヒモを外して下にずらして、用をたしてください。

さあ、今日からあなたも、ふんどしを締めてグッスリ眠ってください。

【関連サイト】
日本ふんどし協会
夜だけ「ふんどし」温活法~寝ている間に「冷え太り」解消!


【編集部おすすめの購入サイト】

楽天市場で睡眠用品を見る

Amazonで睡眠グッズを見る

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項