【岸祐二さん特集・目次】
*2017年11月インタビュー(本頁)
*2014年11月インタビュー(2頁
*『familia』観劇レポート(3頁
岸祐二undefined70年東京生まれ。バスケットボールをきっかけに芸能界入りし、96年『激走戦隊カーレンジャー』に主演。03年『レ・ミゼラブル』でミュージカルデビューし、後年アンジョルラス、ジャベールを演じる。『ミス・サイゴン』(ジョン)『三銃士』(ポルトス)等にも出演。声優として『ストリートファイターズundefinedシリーズ』、橋本さとし、石井一孝とのユニットMon STARSでも活躍している。(C)Marino Matsushima

岸祐二 70年東京生まれ。バスケットボールをきっかけに芸能界入りし、96年『激走戦隊カーレンジャー』に主演。03年『レ・ミゼラブル』でミュージカルデビューし、後年アンジョルラス、ジャベールを演じる。『ミス・サイゴン』(ジョン)『三銃士』(ポルトス)等にも出演。声優として『ストリートファイターズ シリーズ』、橋本さとし、石井一孝とのユニットMon STARSでも活躍している。(C)Marino Matsushima
 

ミュージカル俳優として吹っ切れた『familia』

――前回インタビューをさせていただいてから、はや3年。その間のご出演作をいくつか振り返ってみたいと思いますが、まずはヒロインを見守る軍人を演じた『familia』、いかがでしたか?

「『familia』は舞台でメイン(の役どころ)を経験させていただけるのが有難かったし、ある意味、ミュージカル俳優として覚悟ができた作品でした。それまではどこか、自分が何者でもないというか、ミュージカル俳優と呼ばれることがちょっとはずかしい自分がいたけど、あの作品を経験することでそれが吹っ切れたといいますか、自分が持ってるものが一番生きる場はミュージカルなんだな、と改めて思えた作品でした。いい思い出が作れましたね」

――当時、“ラブシーンを演じたことが無い”とおっしゃっていましたが、その後は?

「(城田優さん演出の)『アップルツリー』はアダムとイブの話だったので、人類の最初の二人として“これって愛なの?”というような表現はありましたが、具体的なシーンは無かったですね。最新作の『In This House』が夫婦の物語なので、共感していただける愛の形が表現できたらとは思いますが……。よく考えると、やっぱり今までのところ、ラブシーンは無いです。

経験せずにこのままいく可能性も? ありますね(笑)。そろそろ、『愛の流刑地』的な、強烈な恋愛ものができたらいいなぁ。『レ・ミゼラブル』をやるまで自分でも無意識でしたが、ジャベールをやったことで、役の悲哀を“男の色気”として評価してくださる声も少なからずありまして、それを前面に押し出した役もやってみたいと思います」
『扉の向こう側』撮影:岸隆子

『扉の向こう側』撮影:岸隆子

――ストレートプレイ『扉の向こう側』で演じた殺し屋ジュリアンが、ちょうどそういうお役に見えました。吉原光夫さん演じるリースに対して同性愛的なものをお持ちで……。

「エロチックに見えたそうですね(笑)。ジュリアンとしては全く無意識だったのですが。光夫君がやっていたリースを人間として愛していて、それが同性愛とは気づいていない。本能に突き動かされている、ととらえていただいて間違いではないかもしれません。そういう意味では自分の色気を発揮できたんだなと思いますし、もっともっとこういう役をやってみたいですね」


“稀有な出会い”だった『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』

――昨年、弟テオほかを演じた『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』もとても良かったです。
ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』撮影:桜井隆幸

『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』撮影:桜井隆幸

「有難うございます。あれも兄弟愛、共依存という、一つの愛の形で、病的な部分もありました。何年に一本出会えるか、というほどの作品だったと思います。また(兄貴と慕う)橋本さとしさんと二人で組んでやらせていただくというのも貴重な経験でした。またやりたいですね」

――お二人の関係性が、演技せずとも自然に滲み出て見えました。

「そうですね。芝居をしながらいろんなことをやらかしてる(さとし)兄さんをサポートするのが、楽しくてしょうがなかったです(笑)。段取りが違ってしまったり、モノが壊れたりしていったので、それをどうフォローするかというのが腕の見せ所でした(笑)。さとしさん演じるヴィンセントの台詞を聞きながら、ひそかに“あれが壊れたからいつ取り替えよう”とか、“ばみり(位置関係の目安として床に貼るテープ)の位置がずれちゃったからいつ直そう”、“照明から外れてるさとしさんにあそこでライトをあててあげなきゃ”とか、もう一人の自分が計算しているのがおかしかったです。

『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』撮影:桜井隆幸

『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』撮影:桜井隆幸

でも、何よりさとしさんが感情のままに(役を)生きているのを間近で見られて、本当に楽しかったですね。彼は本当に(役を演じ切るために)自分を追い込んでるし、エネルギーの出し方、役者として伝える力がやっぱり並外れている。自分も吸収できればと思いながら共演させていただきました」


2回の挑戦でさらに深まった『レ・ミゼラブル』ジャベール役

――そして念願だった『レ・ミゼラブル』ジャベール役も実現されました。

「ジャベールだけで特集を組んでいただきたいくらい話が長くなりますが(笑)、紆余曲折あってこの役をやらせていただけることになって、最初は無我夢中で作品に入り組みました。(何度か他の役で出演し)、『レ・ミゼラブル』という作品は知っているとはいっても、僕が前に出演していたのは現行演出とは異なります。初めてジャベールを演じた時には、見える景色が(思っていたものと)違っていたので、とまどい、さぐりながら、日々挑戦という感じで初演はやっていましたね。

『レ・ミゼラブル』2017年公演より。写真提供:東宝演劇部

『レ・ミゼラブル』2017年公演より。写真提供:東宝演劇部

オリジナル演出と新演出ではジャベールの役割がちょっと違うように感じられて、そこをいかに自分の中で折り合いをつけるのか。『レ・ミゼラブル』ファンの方々の中にもそれぞれのジャベール像があると思いますが、そういうものは全く考えず、シンプルに、ジャベールという人物に正面からぶつかっていった、充実した日々でした。

ジャベールという役は他の人とはほとんどからみが無く、会話をするのはジャン・バルジャンばかりなので、リアルに孤独を感じる役で、演じている僕もそれを追体験しているような気分になります。17年の再演では、細かいところで表現が変わりまして、より強く、アグレッシブにというか、ジャベールとしての熱情をもって取り組むことが出来たのが再演でしたね。絡みは少ないなりに、周りも少し見えてくるようになりました」

――ジャベールが執拗にジャン・バルジャンを追うその原動力は何だとお考えですか?
『レ・ミゼラブル』2015年公演より。写真提供:東宝演劇部

『レ・ミゼラブル』2015年公演より。写真提供:東宝演劇部

「自分の中にいる神との対話ですね。自分が正義と信じていたものとは違うことが目の前で起き、動揺し、自分の人生が分からなくなってゆく。初挑戦の時には、自分の人生のあちこちにバルジャンが現れて、自分の人生にとってこいつはどういう存在なんだ、とだんだんバルジャンに意識がシフトしていくように(演技を)組み立てていきましたが、17年の舞台では、彼と再会するごとに、彼が必ず辿り着く存在なのだと、わかってしまっている。ジャン・バルジャンを追い詰めなければ自分の正義、アイデンティティは保たれない、とそこに飛び込んでいく。はじめから宿命的なものを感じている、という前提で演じました。

もちろん冒頭の仮出獄くらいまでは、ジャン・バルジャンは囚人の一人でしかなかったけれど、そのスタート地点から、何か気にかかるものはある。それが再会した時に、運命だったことに気づくんです」

――そしてジャベールとしては神との約束を遂行していくにも関わらず、裏切られてしまうという感覚でしょうか?

「ある程度お客様に委ねたいので、あまり細かく言葉にはしないほうがいいのだと思いますが、裏切られるというよりは、自分なりの正義を貫くために、ここではない、もう一つの世界に行くのだ、という意識なのでしょうね。彼の中ではおそらく、自殺しているという自覚も無いでしょう。それが彼にとって自分の心の平穏だった。覚悟をもって自決するより、このほうが人間としては切ないなと思います」

――普通の人間は生きていれば複数のチャンネルを持っていて、何かがうまくいかなくても別の何かに気をとられるものですが、ジャベールにはジャン・バルジャン追跡が全てだったのですね。

「彼は自分の生まれを呪っていて、それを覆い隠すことでしか生きるすべがありませんでした。この世のすべてが悪と思っていたわけではなく、この世で罪を犯していない数少ない人間を守るために自分は生かされている、そういう使命を持っていると考えていたのだと思います。やはりジャン・バルジャンとジャベールは合わせ鏡のような存在なんですよね。僕は以前、稽古でバルジャンの代役をやったこともありますので、本当にそう感じますね」

――“合わせ鏡”を確認する意味でも、いつか岸さんのバルジャンも拝見したいです。

「これまでいろいろなミュージカルを観てきましたが、『レ・ミゼラブル』のバルジャンはその中でも一番難しい役の一つだと思います。だからこそ、チャレンジする機会があればやってみたいと思いますね。バルジャンとジャベール、両方やれるような役者でありたいと思います」


表現者としての“これから”

――現時点では、どんな表現者を目指していらっしゃいますか?

「この年になって、キャリアも有難いことに積ませていただくなかで仲間が増えてきたこともあって、新しいミュージカルを創る力をつけ、それが出来る役者になっていけたらなと思っています。もちろん既存の作品で(出演を)望まれるだけの力も持っていきたいし、そういう努力も続けていきますが、出会った人たちと新しいものを作っていけたらいいですよね」

――橋本さとしさん、石井一孝さんとのユニットMon STARSで、とか?
『Mon STARS』コンサートより。写真提供:CUBE

『Mon STARS』コンサートより。写真提供:CUBE

「話は出ています。もちろんこれまでのようにMon STARSでのコンサートも続けていきますが、それとは別にクリエイターの方々、ブレーンの方々の力を借りながら、みんなでオリジナル・ミュージカルを作れたらなんていう夢もあります」

――近年はMon STARSの宣伝ビジュアルや『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』のプログラムで、イラストや飾り文字の才能も発揮していらっしゃいます。
『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』のために岸祐二さんが描いたイラスト

『ヴィンセント・ヴァン・ゴッホ』のために岸祐二さんが描いたイラスト

「特にギャラが出たりはしてないんですが(笑)。好きなことをやって人に見ていただける、それだけでも幸せですね。見たいと言う方がたくさんいれば、個展であったり、発表できる場を作れたらと思っています。グッズのデザインなどもオーダーをいただければやりますよ。

あと、ジャンルは異なりますが、僕はもともとバスケットをやっていて、最近はバスケットのBリーグにすごく興味があります。ゆくゆくは、バスケットを盛り上げるような活動もできれば嬉しいですね。まだまだ多方面で頑張りますよ」

*2018年4月出演の『In This House』関連記事はこちら→2017年11~12月の注目!ミュージカル
*次頁で2014年の岸さんへのインタビューを掲載!