ボーナスが出た!その時まず考えること

今年も冬ボーナスの季節がやってきました。冬ボーナスが手ごたえある、という人も少し増えてきたかもしれません。

しかし、ボーナスをなんとなく勢いで使っていいのは20代だけです。30歳以降はもちろん、結婚したら雰囲気でボーナスを使い切ることは許されません。

そこで、マネーハックの発想でボーナスの使い道に「合理的な優先順位」をつけてみました。自分で決めきれない(あるいは誘惑が多くて流されそう)という人はボーナスを使う順番を下記手順で考えてみてください。

(優先順位1)まず、今ある借金を返す

最初にやるべきは「借金の返済」です。可能な限りの借金をボーナスでまず返します。結果として「返して数カ月後にまた借りた」としても数カ月分は利息に追われない生活になりますので、返済したほうがいいのです。

クレジットカードのリボ払いの残高は、ATMに行って一括返済をします(コールセンターに電話のうえ振込の場合もあり)。消費者金融やパーソナルローンなどのほとんども、早期返済を行えますのでATMないしコールセンターの指示に従い返済します。全額が返せない場合も、返せるだけ返しておきます。

住宅ローン等の巨額の借り入れについても、返せるなら繰り上げ返済を行いましょう。今後金利上昇が心配されることを思えば、変動金利のローンは優先的に返しておきたいところです。ローンを設定した銀行等に詳しくは相談してみてください。

借金を長引かせると、必ず金利を増やしていきます。優先順位1位でまずは減らしておきたいところです。

(優先順位2)来年夏ボーナスまでの臨時出費分をキープする

2番目に、来年夏のボーナスまでにかかりそうな臨時出費を想定してその分を残します。具体的には

「結婚式や親戚の入学等のお祝い金(冠婚葬祭予算)」
「家電等の買い替え予算」
「賃貸の更新料(引っ越すなら契約等諸経費も)」
「会費等(資格の更新料など)」

などを思い起こして、予想額をキープしておきます。

不確定な部分はちょっと多めに残しておくと安心です(使わずにすめば貯金になる!)。来年夏ボーナスまでに借金をしなくてすむよう「キープ」しておいてください。

ちなみにこのお金は、いつも使うメインバンクに入れっぱなしだとつい使ってしまうので、どこかに切り分けて残しておきたいところです。

銀行のキャッシュカードが2枚あれば、サブ口座のほうに移しておきます。1枚しか持っていない!という人はこれをきっかけにネットバンクの口座を作っておくといいでしょう(コンビニATMの利用料金がほぼ無料であったり、むしろメインバンクよりお得かもしれません)。