婚約指輪は、男性から女性へ贈る、結婚の決意と永遠の愛を形にしたもの。普遍性や永久性の象徴として、地球上でもっとも硬く、美しい輝きを放つダイヤモンドが使われるようになったそうです。

婚約指輪にダイヤモンドが使われる理由

Bouquet [ブーケ]

「永遠」を意味するダイヤモンドは、2人の絆も表している(写真:Bouquet [ブーケ]/GINZA DIAMOND SHIRAISHI)

そもそもこの婚約指輪とは、古代ローマ時代に「契約の証」として使われていた鉄製の輪を、そのまま結婚の約束に用いたのが婚約指輪の始まりだといわれています。

1477年、ローマ帝国皇帝になるマキシミリアン大使がブルゴーニュの公女マリーに結婚を申し込んだ際、「不屈の力」「永遠」を意味するダイヤモンドを配した指輪を贈ったという記録も残されているようです。

日本でダイヤモンドが脚光を浴びるようになったのは、高度経済成長期、ダイヤモンドの輸入が解禁となった昭和からだとか。現在では、結納や両家の食事会のときなどに、結納品や結納金のかわりに取り交わすケースも多いようです。

2人の思いも深まる、ダイヤモンドの石言葉

カップル

2人の愛の不変性を表すダイヤモンド。婚約指輪を贈られた女性はマリッジブルーになりにくい!?

ダイヤモンドの石言葉は、「永遠の絆・純潔・清浄無垢」。地球上でもっとも硬い鉱物であり、いつまでも色あせないことから“不変性”を象徴するとともに、炭素のみで構成されるという“純粋性”が、2人の愛の不変性、純粋な愛を表しています。

皆さんのなかには「婚約指輪って本当に必要?」と感じる方もいらっしゃると思いますが、その歴史やダイヤモンドの石言葉について知ることで、婚約指輪の大切さがおわかりいただけるのではないでしょうか。記事「いつ買うの?どう選ぶ?失敗しない婚約指輪・結婚指輪」でお話した通り、婚約指輪は男性の決意の結晶であり、挙式までの期間の2人を強い絆でつなぐもの。新婦となる女性の両親も「娘を大事に思っている証である」と理解してくれるでしょう。婚約指輪の有無がその後の離婚率に比例するという見方もあるほど。実際、婚約指輪を贈られた女性はマリッジブルーになりにくいというデータもあるようです。

ダイヤモンドは、地球上の鉱物として大変希少性の高いものであり、採掘から研磨まで多くの人々の手を経て市場に出てきます。それゆえにとても高額な石ではありますが、男性が自分の一生をかけた“契約”の場でこそ贈る意義のあるもの。美しいダイヤモンドが、最高の喜びを記憶した、2人にとっての“メモリーボックス”となってくれるでしょう。