石だらけの不思議さの際立つ景観「バレン高原」

1

石だらけのなんとも不思議な光景

ゴールウェイからほど近いクレア県にある「バレン高原」。平らな石だらけの景色が延々と続くさまはなんとも不思議で、アイルランドの中でも見た目の不思議度の高い人気スポットのひとつ。1年を通して多くの人がこの地を訪れます。

また、このエリアはめずらしい動植物が見られることでも有名。乾いた石の大地と色鮮やかな草花のコントラストにもぜひ注目してみてくださいね。それではバレン高原の見どころをご紹介いたします。

実は見どころがたくさんのバレン高原

2

緑の多いのどかな風景の背後にそびえる石の丘陵

大昔に地殻変動で押し上げられるかたちで現在のような風貌になったといわれるバレン高原。バスツアーで訪れる人がほとんどだと思うのですが、バレン高原に近づくにつれ、緑の景色に対して徐々に石の比率が高くなるさまに注目してみてくださいね。やがて石だらけの丘陵が現れ、最後にはまさに見渡す限り石だけの光景に。

3

小さな植物が積みかさなる石の隙間から顔を出す

バレン高原の石は、平らで乾いた石灰岩が特徴。景色の全体像を見ても圧倒されるのですが、所によってはこの石が緻密に積み重ねられたようなフォーメーションが見られたりするので、こんなディテールに注目してみるのも面白いと思います。

また石灰岩の特徴として、植物の栄養となる成分を含んでいるということが挙げられます。石だらけの乾いた土地でも美しい草木が見られるのはここに理由があるようです。石の隙間から顔を出す小さな花は本当に美しく、ついついシャッターをたくさん切ってしまうはず。

4

水辺にある美しい古城

そのほか、周辺エリアでは古城や昔の修道院の跡などが多く見られます。場所によってはツアーバスが止まってくれることもあるので、珍しい景色を写真におさめることも可能。バレン高原は一見、石以外はなにもないように見えるのですが、風景としてはこんな風に、とってもアイルランドらしい要素がギュッとつまったエリアでもあるのです。




バレン高原のハイライト「巨人のテーブル」

5

旅のハイライトはやっぱり「巨人のテーブル」。写真提供:アイルランド観光庁

バレン高原のハイライトといえば、やはりなんといっても「巨人のテーブル」でしょう。こちらは、大昔に自然石を立ててつくられたというドルメンとよばれる墓石なのですが、現在では「巨人のテーブル」という名前の方が有名ですね。そのほかにもバレン高原には石の古墳が数多く点在しており、その数は90以上ともいわれています。

バレン高原へは、ゴールウェイからバスツアーで訪れるのがおすすめです。同エリアの人気スポット「モハーの断崖」や周辺の注目スポットと合わせて1日で回るツアーがあり、ゴールウェイのホテルやツーリストインフォメーションで気軽に申し込める手軽さと合わせて人気です。現地で思い立って前日に申し込んでも参加できるので、こちらぜひ旅程に組み込んでみてはいかがでしょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。