日本の速度域では、やや硬めでどっしりとした乗り心地

BMW M4クーペ

電子制御式ダンパーを備えるアダプティブMサスペンションを装着。コンフォート/スポーツ/スポーツ・プラスという走行モードと、路面状況に合わせ自動調整される

低回転域から十分なトルクがある。多少、ギアチェンジをずぼらにしても街中で不自由することもない。3速あたりで、ほとんどオートマチック走行も可能だ。高速道路では6速入れっぱなしでも流れの変化に問題なく反応でき、燃費も稼げるはず。

一般道、日本の速度域内では、やや硬めで、どっしりとした乗り心地である。ステアリングホイールまわりの剛性もたっぷりで、反応はシャープだが両腕の筋肉を使う感覚はしっかりとある。ヤワなクルマではないということだ。
BMW M4クーペ

電子制御式多板クラッチにより左右後輪間でパワーを自在に配分するアクティブMディファレンシャルを装備

速度域があがっていくにつれ、シャシーがきめ細やかに動きはじめ、乗り心地もどんどん良くなっていく。スタビリティも申し分なし。しまいには、乗り手とこつ然一体になる感じもあって、そこはかなりスポーツカーらしい。

もちろん、ハンドリングは一級品だ。低速域では重厚に感じたステアリングまわりのフィールも、確かな手応えと軽快なノーズの動きで、ほどよい重さと感じるようになる。要するに、ドライバーのウデによく馴染む。

パワーフィールも申し分ない。低回転域から申し分のないトルクがあふれでて、それが回す楽しみを減じてはいるものの、結果的には、力強い加速フィールに納得してシフトアップしていくほかない。あっという間に法定速度、である。
BMW M4クーペ

内部構造材にCFRPを用いた、リアスポイラー一体型のトランクリッドを採用。デュアルツインエキゾーストやディフューザーを備えたリアエプロン、張り出したホイールアーチが特徴的

個人的には4より3の方がスポーツしやすいと思ったが、セダンの3ペダル仕様が選べない。相性のいい2ペダルでセダンにするか、貴重な高性能3ペダルMTをクーペで楽しむか、もし仮に自分で購入するという段になれば、そこが最も悩ましい点になるだろう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。