北国の冬を彩るロマンチックイルミネーション

日本一早い冬が訪れる北海道。11月に入って初雪の便りが聞こえ始めたかと思うと、あっというまに銀世界に変貌してしまいます。

雪やこんこん、アラレやこんこん。

でも道産子達は元気いっぱい! 寒いからと家の中に閉じこもり「猫はコタツで丸くなる」というのは性に合いません。スキーやボードを担いでゲレンデを目指すアウトドア派、雪まつりや氷まつりなど冬のイベント巡りをするお祭り大好き人間、そしてホワイトクリスマスにむけてロマンチックな夜をエンジョイする恋人たち……。

数ある冬の北海道の魅力の中から、北国の冬を彩るロマンチックな札幌エリアのイルミネーションスポットをご紹介します。
undefinedundefined

冬の札幌を彩るイルミネーション


さっぽろホワイトイルミネーション2017

2017年10月、夜景観光コンベンション・ビューローから長崎県のハウステンボス、栃木県のあしかがフラワーパークと並んで「日本三大イルミネーション」に認定され、ますますパワーアップするさっぽろホワイトイルミネーション。1981年に日本初の「光のイベント」としてわずか1048個の電球でスタートしたというこのホワイトイルミネーションも今回で37回目を迎えることになり、2017年は大通公園や駅前通に加えて、新たに北3条アカプラ会場と札幌駅南口広場会場を新設するという力の入れようです。

その規模と質ともに充実するイルミネーションイベントの中で、「ここだけはハズせない」という見どころを紹介しましょう。

■世界初!光のエキシビショントンネル (大通7・8丁目会場)

第37回注目度ナンバーワンのイルミは、今回初めて大通7・8丁目会場にお目見えする「光のエキシビショントンネル」。
undefinedundefined

新登場!光のエキシビショントンネル

白い札幌の雪、赤い長崎のランタン、そして港町・神戸のマリンブルー。三大夜景都市をイメージする3つカラーで表現されたこのトンネルは、光の中を進んで行くと……

undefinedundefined

光のトンネルを進むと…

30秒おきに暗転し、闇の中から各都市の幻想的な夜景の写真が浮かび上がる仕掛けがほどこされています。これはブラックライトという印刷技術を使用したもので、世界初とのこと。

undefinedundefined

パネルに夜景が浮かび上がる

またトンネルを抜けた先には、幅10メートルを超える巨大スクリーンも設置されており、各都市のプロモーション動画も放映さています。

undefinedundefined

大型スクリーンに映し出されるプロモーションビデオ


■北3条広場と駅前広場に新イルミスポットが!

今回のもう一つの目玉は、今回から道庁前北3条広場に作られた「アカプライルミネーション」と札幌駅南口広場の「エキヒロイルミネーション」

アカプライルミネーションは、北海道に現存する最古の街路樹とされる赤レンガ庁舎前のイチョウ並木を光で演出したもので、3色のLEDイルミネーションとスポットライトがサウンドアーティスト・大黒淳一氏の音楽に合わせてカラフルに変化し、札幌のシンボル・赤レンガ庁舎の夜景を美しく彩ります。
undefinedundefined

アカプライルミネーション

また、札幌駅南口に設営されたエキヒロイルミネーションのシンボル・高さ10メートルのデザインツリーは、国の内外から訪れる観光客だけでなく仕事や買物帰りの札幌市民達の目を楽しませてくれます。

undefinedundefined

エキヒロイルミネーション


まだある、大通ホワイトイルミの見所

もちろんこのような新設スポットだけでなく、従来からのスタイルを継承するイルミも必見です。

情熱的に赤く輝くハート型イルミが恋人達に人気の「ラブ・ツリー」(1丁目会場)や……
undefinedundefined

恋人達に人気、1丁目会場のラブ・ツリー

雪の結晶型イルミが色鮮やかに変化し、幻想的な雰囲気を醸し出す雪のいぶき「スノークリスタル」(3丁目会場)。

undefinedundefined

3丁目会場のスノークリスタル

そして、闇に浮かぶゴールドとピンクのコントラストで北国の夜をメルヘンに彩る光の噴水「スパークファウンテン」とダイヤモンドをモチーフにした光の宮殿「ジュエリーパレス」(4丁目会場)もあれば……

undefinedundefined

4丁目会場のスパークファウンテン

5丁目会場の「ほほえみのトゥインクルガーデン」では、金色に輝くシンボルツリーやシャイニングボールを眺めながら暖かい食事やホットドリンクで一休み。

undefinedundefined

5丁目会場のシンボルツリー

夜のとばりが降り、駅前やアカプラ広場、大通公園の「光の妖精」たちが目覚めるその時、札幌では魔法の時間が始まります。冬にしか味わえない、いや冬だからこそエンジョイできるこの「光のテーマパーク」、あなたも防寒具という鎧に身を固め、探検に来てみませんか?

undefinedundefined

いざ、光のテーマパークへ!


会場と期間
☆大通会場   大通西1丁目~大通西8丁目   
2017年11月24日(金)~12月25日(月)
☆駅前通会場   北4条~南4条(駅前通)   
2017年11月24日(金)~2018年2月12日(月、振)
☆南一条通会場   南1条西1~3丁目(南一条通)   
☆札幌北3条広場会場   北2条西4丁目~北3条西4丁目(道庁赤レンガ前広場)
☆札幌駅南口駅前広場会場   北5条西3丁目
2017年11月24日(金)~2018年3月14日(水)

点灯時間
16:30-22:00 
(南口駅前広場のみ常時24:00まで、その他会場は12月23日~25日の期間24:00まで)

問合せ先

さっぽろホワイトイルミネーション実行委員会 011-281-6400
公式サイト
https://white-illumination.jp/

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo

このホワイトイルミネーション会場のテレビ塔寄りの一角に、クリスマスまでの期間「ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo」というイベントが開催されます。これは札幌市の姉妹都市、ミュンヘンのクリスマスを再現した「ドイツ風屋台村」で、16回目を迎えることになりました。

undefinedundefined

異国情緒ただようクリスマス市

イルミネーションで飾られたそれぞれの店にはドイツのクラフトやクリスマスグッズが並び、異国情緒もたっぷり。グルメコーナーではドイツ風ソーセージやドイツビール、ホットワイン(グリューヴァイン)などなど、ポカポカ体があたたまるメニューもいっぱいです。
undefinedundefined

ドイツ風の店ではクリスマスグッズも販売

また会場ではドイツ本の読み聞かせやグリューヴァインの作り方講座、またサンタさんからのプレゼントなどのイベントも開催されます。運が良ければ会場でサンタさんと一緒に記念撮影することができるかも知れませんよ!

undefined

サンタさんと一緒に、はいチーズ!


会場

札幌市中央区大通西2丁目
期間
2017年11月24日(金)~12月24日(日)
点灯時間
16:30-22:00 (12月23日~25日は24:00まで)
問合せ先

ミュンヘン・クリスマス市 in Sapporo実行委員会 011-211-2032
ホームページ
http://www.sapporo-christmas.com/index.html

さっぽろテレビ塔のシティライトファンタジア

ホワイトイルミネーションとプロジェクションマッピング映像が合体した幻想的な空間が出現!?

さっぽろテレビ塔3階展望コーナーで、特殊フィルムを貼ったガラス窓に映像を投影するイベントアトラクション「シティライトファンタジア」が、このホワイトイルミネーション開催にあわせて始まりました。テレビ塔60周年の記念事業として2016年11月にスタートし、初年度は期間中に18,000人を越える客を動員したというこの人気イベントも今回で2回目を迎えます。

軽快な音楽とともにイベントが始まるや、展望室は特殊フィルムを貼った窓と部屋全体に投影されるプロジェクションマッピング映像とホワイトイルミ会場の夜景が交錯する不思議な世界に変身します。東京の映像クリエイティブカンパニー・NAKEDプロデュースの幻想的に浮かび上がる近未来都市の映像や……
undefinedundefined

部屋いっぱいに広がるプロジェクションマッピング映像

リズムに合わせて炸裂する光の洪水、そしてファイナルは豪華な花火のイリュージョンが窓の向こうに広がる札幌の街を彩ります。

undefinedundefined

札幌の街を彩る花火のイリュージョン

このシティライトファンタジアは、ホワイトイルミネーションが終了した後も2018年1月31日まで開催されます。イベント観覧券付料金は900円ですが、札幌市民は通常のテレビ塔展望台入場料720円で楽しめるとのこと。ホワイトイルミネーションの会場巡りの後、暖かい部屋からもう一度上空からのロマンチックな夜景と「バーチャルイルミネーション」を楽しむ……。ここさっぽろテレビ塔はそんな贅沢ができるおすすめのスポットと言えるでしょう。

場所
札幌市中央区大通西1丁目
期間
2017年11月23日(木、祝)~2018年1月31日(水)
シティライトファンタジア開催時間 17:00-21:00
料金
シティライトファンタジア観覧券付き入場料900円 (各種割引は適用)
札幌市民は展望台入場料金720円で鑑賞できる
問合せ先
さっぽろテレビ塔 011-241-1131
公式サイト
http://www.tv-tower.co.jp/

---> まだまだある、札幌近郊のイルミネーションスポット!