ムダ毛処理の注意点 「抜く」編

全身ツルスベの肌を目指そう!

全身ツルスベの肌を目指そう!

ムダ毛を抜くと、一見きれいに脱毛したように見えますが、毛根につながっている毛細血管を傷つけて出血を起こしたり、炎症が起こる場合があるので注意が必要です。毛を抜いた後で、皮膚がかゆくなったり、毛穴がブツブツと目立つのは、脱毛した後に毛細血管から出血したり炎症を起こしているのが原因。

また、毛を抜いたときに毛根が引っ張られて横になってしまうと、毛先が皮膚の外に出ないで皮膚の中に埋没したまま伸びていく、埋没毛も起こりやすくなります。 そのほか、脱毛テープやワックス、家庭用脱毛器などを使うときも、説明書をよく読んで使うことが大切。いきなり使わずに、腕の一部分などで一度試してから使うことをオススメします。

正しい処理法とアフターケア 「抜く」編

■電気脱毛器を使用する場合
ヘッド部分を肌に密着させてムダ毛を引き抜いていきます。あらかじめ3~5mmぐらいに短くカットしておくと、処理しやすく痛みも軽く済むでしょう。

■脱毛テープを使用する場合
1. 処理したい部分の毛の流れを整えておき、空気が入らないようにテープをピッタリと貼る。汗をかいていたり、水気が付いていたりすると、粘着力が落ちるので注意。

2. 時間をおくと温まってしまい粘着力が弱くなるので、すぐに毛の流れと逆方向に一気にはがす。はがした後に残ってしまったムダ毛は毛抜きで処理。

■脱毛ワックスを使用する場合
1. 処理したい部分のムダ毛はあらかじめ5mmぐらいにカットして、溶かしたワックスをヘラでムラなく塗布。

2.  表面を触ってワックスが固まったのを確認したら、毛の流れと逆方向へ一気にはがす。ワックスが残ったときは、はがしたワックスをくっつけて取り除くか、濡れタオルでふき取る。

上記の方法で脱毛した際、膝まわりの太くて硬い毛や、関節付近で脱毛しきれなかった毛は、1本ずつ「毛抜き」で抜くのが◎。この時、肌を押さえながら引き抜くと痛みが軽くなります。

脱毛後、皮膚がかゆくなったりした場合は、肌を冷やしてアフターケアを行いましょう。冷やした濡れタオルを使って沈静させるのがオススメです。