最終的に読むのは人

とにかく忘れてならないのは、パソコンのディスプレイの先には「人」が居るということです。検索キーワードを探していると、どうしても検索エンジン相手の作業という意識が強くなりがちです。確かに検索エンジンでの上位表示は収益を向上させる上で欠かせない要素ですが、最終的にあなたの文章を読むのは人間です。

・訪問者が商品を買いたくなるような魅力的なフレーズは何か?
・どんな人がこの商品に向いているのか。
・購入をためらうハードルを取り除くことはできないか?
・その商品の価格は妥当なのか?買ってみてがっかりしなかったのか。
・そもそも商品の購入方法が分りづらくなっていないか?

このような点を常に意識して記事を書くことで、自然と読者の興味を惹くキーワードが散りばめられてきます。生活の中で困ったこと、調べる必要があるシチュエーションを思い浮かべ、使いそうなキーワードを書き出しておきましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。