スポーティなGTiも新車時の半額以下!

気づけばこんなに値落ちしていて「おいしい!」という中古車をご紹介しているこの企画。今回はVWゴルフ(旧型)をご紹介したいと思います。
VWゴルフundefinedフロント

水平ラインを強調したフロントや太いCピラーなど、初代ゴルフをオマージュしつつもシャープな印象となった6代目ゴルフ。オートライトシステムやカーブで曲がる先を照らすスタティックコーナリングライトを標準装備します


2009年4月に登場した6代目ゴルフは、5代目をベースに同社のチーフデザイナーであるワルター・デ・シルヴァがシャープにデザインし直した車。

ゴルフといえば、まるで紺色のブレザーのようにあらゆるシーンに使い回せる定番的商品ですが、紺ブレが時代に合わせて少しずつ丈が短く、胸回りがタイトになるように、ゴルフもその時々に応じてモディファイすることで永遠の定番としての進化を図っています。

一方で、中身が5代目の最終版を煮詰めたものですから、走りの性能には大きな差は見られません。しかし、紺ブレだって、丈を短くしたからといって着心地が劇的に変わることはありませんよね。

見た目の良し悪しはやはり車を選ぶ際の大きな要素です。中身は確かに5代目寄りですが、デザインは明らかに現行型である7代目寄りです。パッと見では7代目と見分けが付かない人もいるのではないでしょうか。
VWゴルフundefinedリア

ラゲージ容量は5代目と同じ350L。横滑り防止装置のESPや、6代目より採用されたニーエアバッグを含め9エアバッグなど安全装備はもちろん充実しています


とはいえ、見た目だけで旧型を積極的に選ぶ気持ちにはならないでしょう。もちろん中身の熟成が十分魅力的だからオススメしているわけですが、それよりもまず抑えておきたいのは、現行ルックに近い6代目が100万円以下から十分狙えるようになってきたことです。

原稿執筆時点で修復歴なし&走行距離5万km未満と絞って調べてみても、89.9万円(2010年式/3.9万km)から見つかります。新車時価格257万円のトレンドラインですから、新車時の約65%オフ。

またスポーティグレードのGTiも走行距離5万km未満&修復歴なしで新車時(新車時価格は366万円)の半額以下から狙えます。

こうなると、旧型ががぜんおいしく見えてきませんか。しかも人気のゴルフゆえ、中古車の台数が多くて選びやすいというのもポイント。

旧型ゴルフの魅力を、次ページでさらに見ていきましょう。