世界三大夜景の一つ!ポジリポの絶景スポット

panorama

聖アントニオのテラスからのナポリの絶景パノラマ (c)Ewa Kawamura


terrazza sant'antonio

ちょっと曇って霞みがかかった日も幻想的で素敵! (c)Ewa Kawamura

風光明媚なことで知られるナポリ。「ナポリを見て死ね」と言われるほどに美しい、あの景色はどこにあるのでしょうか? それは、ナポリ市内西部、「ポジリポの丘」からの見える景色です。ナポリっ子は、その絶景スポットのある場所を「聖アントニオのテラス」と呼んでいます。ポジリポの丘の中腹にある聖アントニオ教会(17世紀)の前にある広い展望テラスで、そこからナポリ湾の絶景パノラマが望めます。

veduta notturna

聖アントニオのテラスの夜景 (c)Ewa Kawamura

奥にはばっちりヴェスヴィオ火山の雄姿、手前には卵城、左手にはヴォメロの丘と斜面の景色も一望でき、もうこれで、いつ死んでも思い残すことはありません(笑)。もちろん晴れている日もよいですが、曇っているときも霞がでて、幻想的でロマンチックな景色が見えるのです。そのため、ここは恋人たちの聖地として人気で、とくに夜はカップルが沢山やってきます。テラスの手摺りには、二人を永遠に繋ぐという縁起を担いだ錠前が付けられていたりも。夜は不夜城のごとく美しく、日本では「世界3大夜景」の一つとして知られています。

ナポリ絵葉書でおなじみの景色が見える場所

cartoline

20世紀初頭のナポリの観光絵葉書でよく登場する定番の景色 (c)Ewa Kawamura


pino storico

昔のナポリの絵葉書でお馴染みの「松の木」のある風景

「聖アントニオのテラス」から見える絶景は、ナポリの観光絵葉書でおなじみの景色でもあります。かつては、ここからナポリ名物の大きな「松の木」もありました。1984年に枯れて倒れてしまいましたが、それまでは、この「ナポリを見て死ね」の景色に必ず登場していた松でした。しかし、今でもナポリ人の心に生き続けている「松の木」。ポジリポの丘やナポリ近郊では、このナポリ名産の独特の形をした笠松をよく見かけるので、この辺りをドライブするときは、車窓から探してみるのも楽しいですよ。

<DATA>
■Terrazza Sant'Antonio (聖アントニオのテラス)
住所:Rampe di Sant'Antonio (Tredici discese di Sant'Antonio), Posillipo, Napoli
アクセス:歩くにはちょっと不便な場所にあるので、タクシーがおすすめです。ナポリ市内から10ユーロ前後、ナポリ中央駅からは15ユーロ前後。




【編集部からのお知らせ】
All Aboutで家計に関するアンケートを実施中です!(抽選でAmazonギフト券1000円分を3名様にプレゼント)
アンケートはコチラのリンクから回答をお願いいたします(回答期限は2020年9月29日まで)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。