マンションのベランダからの転落事故が絶えない現状

マンションのベランダから子どもが転落する事故が絶えません。これまで報道された転落事故のケースを振り返り、落下してしまう原因やベランダの柵の基準、転落防止対策を確認しておきましょう。
高層マンション高層階から幼児の転落が後を絶えない

高層マンション高層階から幼児の転落が後を絶えない

ベランダからの転落事故その1

2014年5月2日午前8時頃、東京都葛飾区の11階建てマンションの10階のベランダから4歳男児が転落。全身を強く打って搬送先の病院で死亡が確認された。

母親は兄の忘れ物を届けるためにマンションの1階に降りていて、室内にいたのは男児と1歳の妹だけだった。ベランダの近くに踏み台があり、手すりには男児の手の跡があり、自ら手摺を乗り越えた可能性がある。
 

ベランダからの転落事故その2

2010年3月26日午後4時45分頃、東京都八王子市の14階建てマンションの14階ベランダから3歳男児が転落。全身打撲で間もなく死亡が確認された。男児は両親との3人暮らしで、当時は母親は仕事で不在、父親は買い物に出ていた。1人で室内にいた男児がベランダに置かれた荷物に乗っているうちに誤って手すり(高さ1.2メートル)を超え、約42メートル下に転落した。
 

ベランダからの転落事故その3

2010年4月20日午後3時55分頃、千葉県印西市の14階建てマンションの12階ベランダから4歳男児が転落。搬送先の病院で死亡が確認された。男児はこの日風邪で幼稚園をお休みしたが、母親が近くのコンビニエンスストアに5分ほど外出したすきに事故は起きた。ベランダには居間にあった子ども用のイス(高さ約50センチ)が置かれていたという。身長1メートルの男児がイスにのり、誤って手すりを乗り越えたとみられている。

ベランダからの転落事故の共通事項は?

以上の事故の共通事項を抜き出してみましょう。

■3~4歳の幼児
■朝、または夕方の時間帯
■親が子どもを残して外出中に起きた事故
■マンションの高層部(10F、12F、14F)のベランダから落下
■ベランダに置いた「もの」に乗って転落
■死亡事故
ベランダに置いてあるもの、植木鉢の台も足がかりになる可能性がある

ベランダに置いてあるもの、植木鉢の台も足がかりになる可能性がある

これらの共通事項を見れば、転落事故を防止する対策が見えてきます。

・子どもを一人にしないこと
・決して目を離さないこと

たった5分の留守中にもこのような悲惨な事故が起きてしまうことを、保護者は肝に銘じなければなりません。
 

マンションの高層部に住まうときの留意点

もうひとつの共通事項は、マンションの高層部の住宅で事故が起こったこと、残念ながら死亡事故となってしまったことです。

一方、こちらの記事では、幼児が団地の3階の窓から転落した事故を取り上げましたが、転落した男児(1歳)は、一命を取りとめました。

命を取り留めるのか、失ってしまうのか。それは「高さ」によるところが大きいと言えます。高層マンションの高層階に住むということは、そういったリスクもあると理解し、十分な対処を行ったうえで住むことが大前提となっています。

ベランダの手すりの基準

建築基準法施行令第126条では「屋上広場または2階以上の階にあるバルコニーその他これに類するものの周囲には、安全上必要な高さ1.1m以上の手すり壁、さくまたは金網を設けなければならない」と定められています(※)。
(※)マンションと3階建て以上の戸建住宅などに適用。2階建以下の一般的な住宅には適用されません。
マンションのバルコニーの手すりには基準がある

マンションのバルコニーの手すりには基準がある

つまりマンションの2階以上の部分のバルコニーには、高さ1.1m以上の手すりまたはさくをつけなければならないことになっているのです。しかし、材質や強度などの指定は何もなく、マンション販売業者側で自主的に安全策を取っているのが現状です。ですから、購入者側でしっかり安全性をチェックしておかなければなりません。
 

ベランダの手すり チェック項目

■高さが十分に取れているか(1.1メートル以上)
■手すりがアルミなどの金属製の竪格子の場合、竪格子どうしの間隔が空きすぎていないか
(子どもの頭が抜けない目安は11センチです)
■手すりが横格子の場合、子どもが足を掛けて登る恐れがある。検討が必要
■揺すってみてしっかり固定されているかチェック
■ガラスの手すりの場合は強度や割れた時の安全性をチェック
■足がかりはないか
 

ベランダの足がかりとは?

ところで「足がかり」とはどんなものを指すのでしょうか。前ページで取り上げた事故事例では、ベランダに置かれた踏み台や荷物、子ども用のいす(高さ50センチ)に乗り、手すりを超えて落下してしまいました。この場合の「踏み台」「荷物」「子ども用のイス」が「足がかり」となります。

また、これ以外にも、ベランダガーデニングに用いる鉢置きの台、手すりの内側に目隠しに設けた斜め格子のラティスなども、子どもが足を掛けてよじ登る危険性があります。幼児の足がかかるもの、幼児が楽にのぼれる高さのものは全て「足がかり」になると考えてください。
 

ベランダの転落防止対策「置かないこと」

マンションベランダの手すりが1.1メートル以上あっても、足がかりとなるものがあれば、子どもが落下する危険性は十分にあります。取るべき対策はシンプルです。ベランダから足がかりとなるものを全て取り除くことです。

荷物、イス、テーブル、おもちゃ、植木鉢、プランター、エアコンの室外機、足を掛けられるラティス……足がかりとなる可能性のあるものはすべて撤去するか、ベランダの手すりから一定の距離をおいて置き、固定させて子どもが動かせないようにしてください。
ベランダに放置すると足がかりになってしまうものの例

ベランダに放置すると足がかりになってしまうものの例
 

ベランダの足がかりの高さの目安は65センチ

「足がかり」とは、幼児が登ってしまう可能性のある足場のこと。高さの目安は65センチまでとなります。65センチ以上となると反対に幼児は登りにくくなります。気をつけたいのは【図1】に示したような、バルコニーの手すりの下部に逆梁(ぎゃくばり)が出ている物件です。
 
【図1】マンションのベランダ部分の断面図。手すりの下部に梁があり、そこに上って落下する可能性がある

【図1】マンションのベランダ部分の断面図。手すりの下部に梁があり、そこに上って落下する可能性がある

このような構造の場合、逆梁の高さが65センチ以下だと子どもが容易に乗ることができ、危険です。逆梁の上に子どもが乗っても落下しないための手摺の高さは最低でも80センチ必要です。
 

ベランダの手すりの高さは物件ごとにまちまち

建築基準法で定められている「手すりの高さ1.1メートル」という基準は、大人が寄りかかっても安心できる高さの基準です。たいていの高層マンションではさらに安全性を高めるために1.2メートル~1.3メートルの高さを設置している物件も見かけます。安全性では優れますが、その分眺望が削られますので、高さの設定は難しいところです。
 

ベランダの転落防止対策「子どもの成長を過信しない」

高層マンションで幼児の落下事故が相次ぐ背景には、実は手すり形状の不備といったハード面よりも、危険管理が徹底されていないこと(ソフト面)が原因のケースが多く見られます。

子どもは日々成長しています。昨日は寝返りを打てなかったけど今日は出来た、昨日開けられなかったカギを今日は開けることができた……。「まだ動けないから」「カギを掛けているから」と安心してしまうのではなく、しっかり安全対策をとるようにしましょう。
子どもが小さいうちは一人でベランダに出れないようにしておくことも事故防止になる

子どもが小さいうちは一人でベランダに出れないようにしておくことも事故防止になる

 

ベランダの転落防止対策の心得

繰り返しになりますが、高層住宅に住まう時は、かわいい子どもの安全のために、ベランダに足がかりを作らない、なるべくモノを置かない、決して子どもを一人にしない目を離さない、といった対策が必要です。

子どもがおもちゃなどを下に投げ落として他人にケガをさせる事故も報告されています。そういった事故を予防するためにも、ベランダまわりは常に整理整頓を心がけ、足がかりや投げやすものがないか確認するようにしてください。

【関連記事】
マンションの窓から子どもが転落!原因と対策は?
子どもを脅かす住まいの3つの危険エリア
大掃除にチェック!室内の危険エリア
家の中に潜む意外な危険…子どもが安全に過ごせる家をつくる方法
(All aboutまとめ)

Copyright(c)2017 住まいのアトリエ 井上一級建築士事務所 All rights reserved.

 
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。