なぜ減らない、マンションベランダからの転落事故

マンションのベランダから子どもが転落する事故が絶えません。これまで報道された転落事故のケースを振り返り、落下してしまう原因やベランダの柵の基準、転落防止対策を確認しておきましょう。

高層マンション高層階から幼児の転落が後を絶えない

高層マンション高層階から幼児の転落が後を絶えない


転落事故その1

2014年5月2日午前8時頃、東京都葛飾区の11階建てマンションの10階のベランダから4歳男児が転落。全身を強く打って搬送先の病院で死亡が確認された。

母親は兄の忘れ物を届けるためにマンションの1階に降りていて、室内にいたのは男児と1歳の妹だけだった。ベランダの近くに踏み台があり、手すりには男児の手の跡があり、自ら手摺を乗り越えた可能性がある。

 

転落事故その2

2010年3月26日午後4時45分頃、東京都八王子市の14階建てマンションの14階ベランダから3歳男児が転落。全身打撲で間もなく死亡が確認された。男児は両親との3人暮らしで、当時は母親は仕事で不在、父親は買い物に出ていた。1人で室内にいた男児がベランダに置かれた荷物に乗っているうちに誤って手すり(高さ1.2メートル)を超え、約42メートル下に転落した。


 

転落事故その3

2010年4月20日午後3時55分頃、千葉県印西市の14階建てマンションの12階ベランダから4歳男児が転落。搬送先の病院で死亡が確認された。男児はこの日風邪で幼稚園をお休みしたが、母親が近くのコンビニエンスストアに5分ほど外出したすきに事故は起きた。ベランダには居間にあった子ども用のイス(高さ約50センチ)が置かれていたという。身長1メートルの男児がイスにのり、誤って手すりを乗り越えたとみられている。

 

事故の共通事項は?

以上の事故の共通事項を抜き出してみましょう。

■3~4歳の幼児
■朝、または夕方の時間帯
■親が子どもを残して外出中に起きた事故
■マンションの高層部(10F、12F、14F)のベランダから落下
■ベランダに置いた「もの」に乗って転落
■死亡事故

ベランダに置いてあるもの、植木鉢の台も足がかりになる可能性がある

ベランダに置いてあるもの、植木鉢の台も足がかりになる可能性がある


これらの共通事項を見れば、転落事故を防止する対策が見えてきます。

・子どもを一人にしないこと
・決して目を離さないこと

たった5分の留守中にもこのような悲惨な事故が起きてしまうことを、保護者は肝に銘じなければなりません。

 

マンションの高層部に住まうときの留意点

もうひとつの共通事項は、マンションの高層部の住宅で事故が起こったこと、残念ながら死亡事故となってしまったことです。

一方、こちらの記事では、幼児が団地の3階の窓から転落した事故を取り上げましたが、転落した男児(1歳)は、一命を取りとめました。

命を取り留めるのか、失ってしまうのか。それは「高さ」によるところが大きいと言えます。高層マンションの高層階に住むということは、そういったリスクもあると理解し、十分な対処を行ったうえで住むことが大前提となっています。

それでは次のページでマンションの手すりの基準を見てみましょう。