ニューヨークで大人気のC.O. BIGELOW(シー・オー・ビゲロウ)

近年、日本ではライフスタイルをコンセプトにしたセレクトショップが人気となっています。そんなお店で販売されている商品の一つがメンズのグルーミングアイテム。パッケージがおしゃれで、オーガニックの成分にこだわったものや老舗のオーセンテックなブランドをよく見かけますよね。
シー・オー・ビゲロウ

シー・オー・ビゲロウ


そこで今回は、まだ日本ではそこまで知られていませんが、ニューヨークでは大人気のアメリカで最も古い歴史のあるアポセカリー(調剤薬局)、C.O. BIGELOW(シー・オー・ビゲロウ)を紹介しましょう。

KIEHL’Sよりも古い、アメリカ最古の調剤薬局

ニューヨークのアポセカリーとして有名なのはKIEHL’S(キールズ)ですが、そのキールズよりも13年ほどさらに古い1838年に創業したのがシー・オー・ビゲロウです。そのオリジナル商品はアメリカの化粧品雑貨ショップ、Bath and Body works(バス・アンド・ボディ・ワークス)でも販売されていますが、路面のショップは創業当時と同じ場所、ニューヨークのグリニッジビレッジの店舗が世界で唯一という、知る人ぞ知る老舗ブランドなのです。

シー・オー・ビゲロウ

1838年に創業したシー・オー・ビゲロウ。創業当時と同じ場所、ニューヨークのグリニッジビレッジに店舗がある、知る人ぞ知る老舗アポセカリー(調剤薬局)なのです。


あの発明家エジソンも通っていた!?

その創業170年あまりの長い年月の間には、アメリカの歴史上で有名な人物も顧客であったことが知られています。例えば、19世紀から20世紀にかけての大発明家で知られるトーマス・エジソンやフランクリン・ルーズベルト大統領夫人であったエレノア・ルーズベルト、「王子と乞食」「トムソーヤの冒険」などの小説で知られるマーク・トウェインもシー・オー・ビゲロウの顧客でした。これを聞くだけで、本当に由緒正しき、老舗ブランドだということがわかりますよね。また、調剤薬局であるアポセカリーが起源であることも製品の品質も保証されています。

次ページではおすすめのアイテムを紹介いたします。