肌と同じく腸も老化する

人は年を重ねると、身体や肌が老化していきますよね。同じように腸も、加齢と共に老化し、老廃物を出す力(腸管運動)が低下していきます。そうすると、便の出る量も少なくなり「老人性さい便」という細長い便に。排便後、いつも残存感があってスッキリしないのも腸の老化に伴う現象の1つです。

さらに、加齢に伴って、腸内細菌の状態も変わってきます。生まれたばかりの赤ちゃんは、腸内菌の95~99%が善玉菌という理想的な腸内環境のため、便もほとんど匂いません。しかし、大人と同じ食事を摂り始めたとたんに善玉菌が減り、成人の善玉菌の割合は1~2割程度にまで下がります。

一般的に、腸内細菌の10%は老化を進める原因になる悪玉菌、20%が美と健康に有益な善玉菌。残りが状況によって善玉に加勢したり、悪玉に加勢したりする日和見菌です。この3種類のバランスが整っていれば"キレイな腸"であると言えます。しかしそれぞれの年代によって、菌数の割合は違いますが、加齢により悪玉菌の割合が増えてきます。


美肌の目安ともなる腸年齢とは

これまで、肌や体型などの"見た目年齢"ばかりを気にして、腸の年齢をチェックしたことはありますか? 実は20代という若さでも、食生活の偏りやストレスの高まりから細菌バランスを崩し、腸年齢と実年齢に大きな差がある女性が増えています。
見た目だけでなく腸年齢を若く保つことも大切

見た目だけでなく腸年齢を若く保つことも大切


腸年齢が若いと善玉菌が繁殖しやすく、免疫力がアップします。腸年齢が高い人は肥満になりやすく、生活習慣病はもちろん老化を早めることに。悪玉菌が多くなると炎症が起こりやすく、ニキビなどの原因や、腸に溜まった老廃物により肌荒れが起きやすくなります。

まずは自分の腸年齢をチェックしてみましょう。当てはまる項目が多いほど、要注意です。

<便について>
・便の色が黒っぽい
・便の大きさが15cm以下(バナナ半分以下)
・便の出る回数が週に2,3回
・便の硬さが硬くてコロコロしている
・便の出やすさがいきまないと出ない
・便をする時間帯が決まっていない
・便の臭いが臭い

<生活習慣について>
・運動をほとんどしない
・睡眠時間が少ない
・喫煙する
・ストレスが多い

<食生活>
・朝食を食べない
・朝食の時間がまちまち
・毎日の食事内容が肉中心
・発酵食品を摂らない
・水分の摂取量が少ない
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。