スウェーデン最古の手工芸品ショップ、スヴェンスク・ヘムスロイド

svenskhemslojd1

広々とした店内に並ぶスウェーデンの手工芸品 写真:Svensk Hemsl?jd

ストックホルム中央駅エリアとエステルマルム(Östermalm)地域の間にある「スヴェンスク・ヘムスロイド/Svensk Hemslöjd」は、1899年に歴史を遡るスウェーデン最古の手工芸品ショップです。このお店のユニークな点は、手工芸協会によって運営されているということ。ここの商品を買うことで、作り手のみならず、スウェーデンの手工芸の未来も応援することができます。創業当初から今にいたるまで、スウェーデン国内中から集めた手工芸品や組合員の作品を販売してきました。自然素材を用いたものや、リサイクルを取り入れた作品に、高い関心を払っているのも特徴的です。

日本でもおなじみの民芸品、手工芸品が並ぶ店内

svenskhemslojd2

スウェーデンの手工芸品の代表格、ダーラヘスト 写真:Svensk Hemsl?jd

スヴェンスク・ヘムスロイドで、注目したいのが、スウェーデンの民芸品の代表格、ダーラヘスト。スウェーデンを訪れて必ず一度は目にするこの民芸品です。ここなら、ダーラナ地方のグランナス(Grannnas)の手彫りで一つ一つ色の塗られたダーラヘストを買い求めることができます。他にも、スウェーデンの手工芸品として国内で人気がある、裂き折りのラグ。古くなったシースなどを裂いて作られるマットはリサイクルを愛するスウェーデンの人々の日常に根付いている工芸品の一つです。気に入ったものがあれば、発送するのも手です。

svenskhemslojd3

日本でも知られているクリッパンのブランケットも種類豊富 写真:Svensk hemslojd

日本でもおなじみ、クリッパン(Klippan)のブランケットは、サイズも色も豊富に揃っていますので、きっとお気に入りの一つを見つけることができるでしょう。ベクスボリン(Växbo Lin)などのリネン製品は、キッチンで使う布巾や台拭き、テーブルセンターやタオルまで数多く揃っています。この他にも、ベンクト&ロッタ(Bengt & Lotta)による雑貨や手編みの手袋、北欧ならではのバターナイフなど、少数で細々と作られているものから、おなじみになって大量に売られているものまで、職人技が生きた製品を買い求めることができます。

手工芸品好きには、材料や道具もおすすめ

svenskhemslojd4

手工芸好きな人なら、キットを買って自分でくることも可能 ずらりと並ぶ毛糸 写真:Svensk Hemslojd

自分で作ってみたいという方向けに、編み物用の毛糸や刺繍の材料や道具、手芸の本なども売られています。店内には完成品が並んでいるので、それを見ながら選び、キットを購入し、スウェーデンの手工芸品を自分で作るというのも楽しいでしょう。キットは、針刺しといった小さめのものから、クッションとなどの大作までそろっているので、定員さんに聞きながら自分の興味にあったものを購入するとよいでしょう。

もう一つの組合のショップ、スヴェンスク・スロイド

スウェーデンの手工芸組合のお店がストックホルムにもう1件あります。エステルマルム(Östermalm)地域にある「スヴェンスク・スロイド/svensk slöjd」は、スヴェンスク・ヘムスロイド同様にスウェーデン国内の手工芸作家による作品を買い求めることができます。ショールームにもなっているこちらのお店では、新しいアイデアで斬新な手工芸品が、伝統的な作品とともに並んでおり、スウェーデンの手工芸品の違った一面が見たいという方にお勧めのショップです。

<DATA>
スヴェンスク・ヘムスロイド/Svensk Hemslöjd
住所:Norrlandsgatan 20, Stockholm
TEL:+46(0)8-23 21 15
営業時間:月~金曜10:00~18:00、土曜 10:00~16:00、日曜 12:00~16:00
定休日:なし

スヴェンスク・スロイド/Svensk Slöjd
住所:Nybrogatan23, Stockholm
TEL:+46(0)8-663 66 50
営業時間:月~金曜10:00~18:00、土曜 11:00~16:00
定休日:日曜

■All Aboutで「お金」について、アンケートを実施中です!
回答いただいた内容をAll About記事企画の参考にさせていただきます
※2021/7/1~2021/7/31まで

・【誰でも回答可】「毎月の家計についてのアンケート」に回答する
抽選で10名にAmazonギフト券1000円分プレゼント

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。