ホテルステイとはひと味違う体験を

クロアチアの民宿

クロアチアの観光地でよくみかける「APARTMAN」や「SOBE」といった表示


クロアチアの街を歩いていると、街のあちらこちらで見かける「APARTMAN(アパルトマン)」や「SOBE(ソベ)」という表示。また、個人旅行をする方は、スプリットやドブロブニクなど、アドリア海沿いの都市の長距離バスターミナルに到着すると「アパルトマン、プライベートルーム!」と声をかけ、客引きをするおばあちゃんたちに出くわすこととなります。アパルトマン、ソベとは日本で言うアパートメントホテル、ウィークリーマンションや民宿のこと。クロアチアではホテルと同じくらい一般的な宿泊施設です。

ホテルと比べると宿泊費が安いため「バックパッカーや若者が泊まるところ」「あまり清潔なイメージがない」という印象を持つ方も多いようですが、実際はピンからキリまで。本当に寝るだけの簡素なところも中にはありますが、ホテルと比べると安く泊まれる上、こだわりの家具やインテリアが設置されていたり、かなり快適に過ごすことができるところがたくさんあります。クロアチアを個人で旅行、長期滞在しようとお考えの方にガイドがおすすめしたいソベやアパルトマン! ここではクロアチアのソベやアパルトマンとはどのようなものかをお伝えします。

>>>クロアチアのホテルについては「クロアチアのホテル事情」をご覧ください。

プチホームステイを体験できるソベ

クロアチアの路地裏

石畳の細い路地裏に立つ民家での生活に憧れる人も多いはず!ソベやアパルトマン滞在ではそんな夢が実現します!


一般家庭の空き部屋を旅行者に提供しているものが多い「ソベ」。日本でいう民宿のような感覚で、プチホームステイが体験できます。ソベでは最低条件として、完全なプライベート空間となる宿泊者専用の寝室が与えられますが、その他どのような設備が用意されているのかはまちまち。なかには寝室以外に専用のバスルームも与えられるところもありますが、バスルームやキッチンはオーナーさん、もしくは他にソベに滞在している旅行者と共同となることが多いです。

ソベ

キッチンがなくても、専用の電子レンジや冷蔵庫が備え付けられているソベも中にはある

ソベにより「キッチンは共同か」「キッチンやバスルームを使用する際のルールの有無(シャワーを浴びるのは夜何時まで、といったルールなど)」「冷蔵庫は使わせてもらえるか」など条件やルールが異なるので、気になる点は事前にしっかりと確認しましょう。基本的には食事は付きませんが、なかには朝食、場合によっては夕食も提供してくれるというところもあり、クロアチアの家庭料理が食べられるチャンスに恵まれるかもしれません。バスルームやキッチンなど、他人とシェアするものが多いソベは「他人とコミュニケーションを極力とりたくない」「完全なプライベートが欲しい」という方にはおすすめできませんが、「クロアチアでプチホームステイ体験をしてみたい」という方はぜひ!

暮らすように滞在できるアパルトマン

アパルトマン

アドリア海沿いの街で、海辺のアパルトマンにのんびりと滞在するのはいかが?


ホテル以外の宿泊施設として強くおすすめしたい「アパルトマン」。あまり設備や立地条件の良くない3つ星ホテルよりも、ずっと良い条件かつ安く泊まることができるので、ガイドもクロアチア国内を旅する時によく利用します。アパルトマンでは最低条件として、宿泊者専用の寝室、バスルーム、キッチンが与えられます。なかにはこの3つ以外にリビングやバルコニーもついているものもあり、ソベと比べるとかなり広々としていて、完全なプライベート空間が約束されます。

キッチン付きアパルトマン

小さいながらも料理するには十分のキッチンが備え付けられているアパルトマン

専用のキッチンにはお鍋やフライパン、包丁、まな板など調理に必要な器具、フォークやナイフ、お皿など必要最低限のものは一式揃っています。なかには塩・コショウなど簡単な調味料まで置いてあるところも。青空市場で買ってきた食材を使って自炊することもできるので、宿泊費だけではなく食費を節約することも可能です。ひとつの都市を基点に色んな都市を回ってみたい、数日から数週間、場合によっては数ヶ月、ひとつの都市でゆっくりと滞在したいという方にはピッタリのアパルトマン。1泊から受け入れてくれるアパルトマンもたくさんあるので、クロアチアでの生活をプチ体験してみたいという方はぜひ! ホテルでの滞在では味わえない、新鮮な体験ができるはずです。