犬の食いつきに影響する4つのポイント

犬ごはん

見た目はそこまで重要ではありません。

  • 食いつきポイント1:味覚
わんちゃんは特に甘味を好みます。しかし、これはお砂糖やお菓子の甘味で良いということではありません。さつまいも、にんじんなどの根菜、自然の食材から感じる甘味をいつものごはんに混ぜてみると良いでしょう。

<薬膳で甘味に分類され、犬にも与えられる食材(一部抜粋)>
鶏肉、豚肉、牛肉、鮭、かつお、めかじき、キャベツ、かぼちゃ、トマト、ブロッコリー、米、きのこ、バナナ、いちご、りんごなど

また、自然界では苦味は毒、酸味は腐っていると判断すると言われています。わんちゃんによっては気にせず食べますが、与えているごはんから苦味や酸味を感じないかチェックしてみましょう。

  • 食いつきポイント2:におい
味覚によって食いつきが左右されることもありますが、それよりも、においで判断していることが多いです。わんちゃんの味覚は人間の約5分の1ですが、嗅覚は人の1億倍以上も優れていることも影響しています。かつおぶし、ごま、肉の茹で汁など香りの良いものをトッピングしてあげるだけで、食いつきが良くなる事もあります。

また、この後でもご紹介しますが、ごはんを温めてあげることで香りが立ち、食いつきがよくなることも多くあります。

  • 食いつきポイント3:舌触り
脂肪の多いなめらかな舌触りを好むとされています。ですが、脂肪の多すぎる食事は肥満の元であり、病気を引き起こす可能性が高まります。片栗粉や葛粉などでとろみをつけてあげたり、リゾットや雑炊のようなスープごはんにしてあげるのも良いでしょう。

  • 食いつきポイント4:温度
一般的には40度(人肌ぐらい)が一番食いつきがいいとされています。これは野生時代に遡るとわかりやすいのですが、狩りをした獲物の体温に近い温度です。
ですが、熱がこもりやすいタイプのわんちゃんは、温かいものよりも冷たいごはんを好むことがあります。ごはんを温めても食べてくれない場合、冷たいごはんを与えてみることも試してみましょう。食いつきポイント2でもお伝えしたように、温めることで香りを立たせるという効果もあります。


食べない理由は様々。食べ物が原因ではないケースも。

新しいフードに変えてから食欲が落ちている場合は、以前使っていたものや他の種類に変えてみるのも良いでしょう。細かいことを気にするわんちゃんは、お皿が変わっただけでも食いつきに変化が出る事があります。

それだけではなく、歯が痛い、口内環境に問題がある、胃腸が疲れている、など何か病気が潜んでいて食べないことも考えられます。ごはんで調節しても変わらない場合、また元気がない場合は自己判断せずに、かかりつけの動物病院に相談するようにしてください。

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※ペットは、種類や体格(体重、サイズ、成長)などにより個体差があります。記事内容は全ての個体へ一様に当てはまるわけではありません。