いつの時代もテレビを面白くする刑事ドラマですが、その内容は変化を続けています。昭和の刑事ドラマによく見られた 銃を撃ちまくるとか、机に脚を上げるなんてシーンは現在では、あまり見られなくなりました。「カッコよさ」の基準が変化したとも考えられますが、それ以上に視聴者が刑事ドラマに望むものが変わったことが大きいかもしれません。

たとえば、昭和後期を代表する刑事ドラマのひとつ『あぶない刑事』では “アクション&ちょっと不良っぽい“ のスタイルに、視聴者は憧れを抱き、ファンとして視聴する気持ちが強かった。

しかし、1997年に放送を開始した『踊る大捜査線』では、昭和的なハデさに代わって“組織論”や“現場論”といった部分が掘り下げられるようになり、視聴者は “憧れる視聴”から“考える視聴” へ変化を遂げることになります。

『踊る大捜査線』の登場で 数々の“考える”刑事ドラマが牽引され、視聴者は さらに考えを深め 主張を始めます。今、視聴者はどんなことを考え刑事ドラマに接しているのでしょうか。具体的な例を挙げながら見てみましょう。



1: 働く女性を考える

刑事ドラマにおいても、女性のリーダーが登場し その活躍が描かれるようになりました。同時に 働く女性はヒステリックという公式からの脱却が進みます。

その代表が、威風堂々『BOSS』の大澤絵里子(天海祐希)です。都会的で洗練された 華のある刑事でありながら、覚悟の仕方、一矢の報い方をわきまえています。視聴者は聡明なリーダーに 本物の「カッコよさ」を見出しているようです。

そして、時に感情的ですが、 剥き出しの不器用な正義感を メンバーが支える 『ストロベリーナイト』 の姫川玲子(竹内結子)が登場します。多発する猟奇的な事件、男社会での苦悩(「お嬢ちゃん」と呼ばれる)、過去の傷、家族との埋められない溝など、環境は 実に過酷です。それでも、決意の証・エルメス(鞄)を愛用し、懸命に 自らを奮い立たせ事件に立ち向かう 姫川刑事のたくましさに泣けることもありました。働く厳しさを知る視聴者は その痛みを共有したのかもしれません。

2: 運命を考える

特殊能力を都合のいい手段ではなく、摩擦、葛藤を生むものとして 丁寧に描くのがドラマです。現実離れした内容ですが、ほかの刑事ドラマ以上に、生きることの難しさや複雑さを 考えることになるのでしょう。

『BORDER』の 石川安吾(小栗旬) は、脳内に残った弾丸により、死者との接触が可能となります。それは 埋もれかけた真実を知る手段となりました。しかし、真実をいかに表出させるかで 苦悩し続け、表出させられない最後の事件では、苦悩の末、苦々しい幕引きを選びます。

センセーショナルな結末に視聴者の意見はかなり白熱しました。それは積極的に考える視聴者の存在を 顕著にし、刑事ドラマを 飽和状態と考えていた視聴者に衝撃を 与えたとも言えるでしょう。迷い悩む刑事像は、新しいドラマのスタイルを見せたのです。




『SPEC』の 当麻紗綾(戸田恵梨香)はいわゆる天才ですが 優等生ではありません。 ファッションに興味なし、極端な偏食、組織に迎合しない言葉の連発、しかし独創的なアイデアで事件を解決に導きます。

スペックホルダーとしての運命を 背負いながら、闘うことの本質を理解し、強靭な魂と知能を武器に 刑事を貫くことを選びます。

視聴者は、スカッと解決することだけでなく、終わりのない悶々とした問題を、拒むことなく 懸命に考ることもします。 特殊能力という非日常の設定は、視聴者にとっても未知の世界であり、だからこそ考えるのかもしれません。