取引態様には3つある
 

取引態様に定められているものは3つありますが、いずれも不動産会社が取引を行うときの「立場」を表わしていると思ってください。

・貸主・・・物件の所有者(個人のいわゆる大家さんや法人の場合もある)が直接部屋を貸したり、物件の所有者から転貸を目的として部屋を借りる場合など、賃貸物件を貸す立場にある人のこと。転貸を目的とした場合は、サブリース※と呼ばれる。

※サブリース・・・又貸し、転貸のこと。不動産賃貸においては、不動産会社が貸主の物件を丸ごと借り上げ、入居者募集から管理まですべてを引き受ける、転貸を目的とした一括借上(いっかつかりあげ)のことをサブリースということが多い。


 

 

・代理・・・「貸主の代理」という意味で、貸主に代わって賃貸する場合。貸主から代理権を得ると貸主と同じ立場になる
 

 

・仲介・・・もっとも多いのがこの立場。貸主(=大家さん)と借主(=入居者)の間に入って、物件を斡旋する場合のこと。仲介業者は、この物件斡旋業務をすることで仲介手数料をもらって収入を得ている

 

 


仲介と同じ意味合いで「媒介」と表現されることもあります。貸主と借主の間を取り持つことには変わりませんが、貸主からどのように物件を依頼されているかによって、「媒介」の種類が異なります。

「一般媒介(契約)」・・・貸主が複数の不動産会社に入居募集を依頼することができる(契約)。また、貸主が自分で入居者を見つけてもよい

「専任媒介(契約)」・・・貸主が入居募集を依頼することができる不動産会社は1社のみ。ただし、一般媒介と同様に貸主自身が入居者を見つけてもよい。契約期間は3ヵ月、更新は可能

「専属専任媒介(契約)」・・・専任媒介と同様に、貸主が入社募集を依頼することができる不動産会社は1社のみ。さらに、貸主自身が入居者を見つけることも禁じられている。契約期間は3ヵ月、更新は可能

********************************************************************** 
賃貸市場の物件はほとんどが仲介物件であり、貸主や代理物件はあまりありません。なぜなら、仲介物件であれば「仲介手数料」が発生するからです。

次回、取引態様と仲介手数料の関係について、お話しましょう。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。