足元だって手を抜かない! カラーリング

ペディキュアには、大胆なカラーやアートに挑戦できる楽しみもあるので、ぜひオシャレの習慣にしてみてくださいね。濃い色はハミ出しが目立ってしまうから、手元と同じように繊細な塗り方を心がけるとキレイに仕上がります。

このひと手間で仕上がりが段違い

このひと手間で仕上がりが段違い

1.コットンスティックにリムーバーをつけて、爪の表面や裏側をふき取ります。汚れや油分、水分がない状態にしてからカラーリングを始めましょう。





ティッシュやコットンでも代用可

ティッシュやコットンでも代用可

2.まず塗りやすくするために、セパレーターをはめます。次にベースコート塗っていきます。爪の先端部分も丁寧に塗りましょう。






ハンドと同様にまずはエッジから

ハンドと同様にまずはエッジから

3.エッジ(爪の先端)にネイルカラーを塗ります。こうすることで、ネイルが剥がれにくくなり長持ちします。







ハケをしっかり広げるのがコツ

ハケをしっかり広げるのがコツ

4.足の指は面積が大きいので、ハケを扇状に広げて塗るのがポイントです。爪の中央→左右の順番で、均一な仕上がりを目指します。






丁寧に少しずつオフ

丁寧に少しずつオフ

5.サイドにハミ出してしまったネイルカラーは、コットンスティックにリムーバーをつけて修正します。






キレイな仕上がりをキープ

キレイな仕上がりをキープ

6.最後にトップコートを塗って完成です。








サロン級の仕上がり!

サロン級の仕上がり!

7.塗るのが難しい鮮やかなレッドも、丁寧なカラーリングで自信の持てる指先に!







セルフネイルのペディキュアで夏を満喫

セルフネイルのペディキュアで夏を満喫


ネイル施術協力

■ネイルスクール「黒崎えり子ネイルビューティカレッジ」
新宿校(03-3352-0233)、表参道校(03-3409-2211)、名古屋校(052-587-2131)
http://www.erikonail.com/school/

■ネイルサロン 「erikonail」 
OMOTESANDO(03-3409-5577)、SHINJYUKU(03-3352-0129)
GINZA(03-6252-3300)、HIROO by erikonail(03-3442-1155)
taAko-izu by erikonail(03-5785-2228)
http://www.erikonail.com/



※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※個人の体質、また、誤った方法による実践に起因して肌荒れや不調を引き起こす場合があります。実践の際には、必ず自身の体質及び健康状態を十分に考慮し、正しい方法で行ってください。また、全ての方への有効性を保証するものではありません。