自由に調節がきくオープンタイプ

フィンランドでは、3年間の育休をとることができて、積極的に育児に関わる男性も多く、特に「イクメン」といった意識はないそうです。そのため、育児中の女性でもフルタイムで働き続けるケースがあり、夫が長い育休をとることもあるとか。そして、子どもたちは受験や就職のために勉強するのではなく、生きていくうえで大切なことを学ぶためだと考えているようです。
マリメッコとムーミンの子ども部屋

マリメッコのテキスタイルでコーディネートされた空間。木の素材感とベストマッチ

そんな育児・教育意識の影響もあって、子ども部屋のつくり方ものびのびとしたアイディアが盛り込まれています。たとえば、子どものスペースを部屋として区画するのではなく、オープンスペースの一角に設けるといったやり方。自宅でハンドクラフトの作業をするといったシーンは、北欧らしい想定です。その親の作業場と子どもの居場所を、一つの空間でまとめることで、親子のコミュニケーションと一体感が高まります。日本でも、子どもがダイニングで勉強するといった光景はごく自然なこと。空間と時間を共有したい気持ちは同じです。

子どもスペースには、ベッドマットを置くだけ。木のボックスを壁に取り付けて、そこを収納とデスクとして使います。そのボックスに収まらないおもちゃや衣類などは、脇に空いたスペースを収納として使うのですが、目隠しには布を活用。部屋の使いみちを変える時には、簡単に模様替えのできる簡素なアレンジが特徴的です。

さらに北欧らしいのは、そのスペースから直接テラスに出て遊んだりくつろいだりできること。「子どもが子どもでいられる時間は短い」という考え方のもと、庭には遊び小屋と言われる子ども専用のミニハウスがある家をよく見かけます。屋外をアウトドアリビングとして使うというのは、むしろ日本的な発想。取り入れてみたいスタイルです。




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。