桐谷さんの11月の注目銘柄は?

桐谷さんオススメの11月銘柄

桐谷さんオススメの11月銘柄を5つ挙げてもらいました!

11月の銘柄のなかから、桐谷さんがセレクトしたのは以下の5つ。また、「優待銘柄を売買するときには、値動きの癖を踏まえておくといい」とアドバイス。

「優待銘柄は、権利取得日が近くなると値上がりし、権利日を過ぎると値下がりするという傾向があります。そんな動きの癖を知っていると、売買の参考になりますヨ」

山下医科器械<3022>

「山下医科器械<3022>は医療機器を販売している長崎県の会社です。ここは、配当が2.82%となかなかいい。100株保有で年に2回ほど500円のクオカードが送られてきます。合わせて1000円なので、利回りは0.56%になり、配当と合わせると3.38%。11月の銘柄のなかではトップクラスです。クオカードは1回500円分なのですぐに使い終えてしまうけれど、コンビニやファミレス、ドラッグストアでも使えるし、お財布に忍ばせておくと非常に便利ですネ」

テクノアルファ<3089>

「半導体製造装置事業などを行なうテクノアルファ<3089>の優待品は、優待族に人気のクオカード。しかも、年1回3000円分のクオカードがもらえるというオイシイ優待です。現在の株価が1407円で100株単位なので、購入は約14万円。配当は1.92%ですから、平均的ですが、優待の利回りが2.1%あるので、優待と配当を合わせると4%超え。狙い目ではないでしょうか」

サムティ<3244>

「サムティ<3244>は関西を地盤にした不動産会社。SBI証券の割安度では10段階の10を付けており、非常に割安度が高いようですネ。去年はアベノミクスで一時1600円まで上がったんですが、今は623円と約1/3まで下げています。これは優待の改悪によるところが大きい。ここは、200株持っていると、東京駅の近くのセンターホテル東京か、同じく大阪駅から徒歩圏のセンターホテル大阪に年間2回無料で泊まれるのですが、以前は、株主本人以外が泊まっても良かったから金券ショップに売ることもできたし、どちらかのみに2泊することもできた。でも、今回の優待から株主本人以外は泊まれないことになった上、東京と大阪に各1泊ずつという条件になってしまったんです。ですから、本人が東京と大阪に両方1泊する予定があるという人なら、非常に利回りの高い優待。配当も2.89%と高い部類に入ります。100株以上だと、宿泊無料ではなく、センターホテル東京と大阪の3000円分の割引券がそれぞれ1枚ずつもらえます」

ニイタカ <4465>

「ニイタカ <4465> は洗剤や固形燃料の会社で、私も昔から保有しています。ニイタカの優待は、5月に500円のグルメカードと11月の自社製品。自社製品は、洗剤セットか、釜飯を選ぶのですが、私はこの釜飯が大のお気に入りなのですネ♪炊き米と釜飯の素が入っていてそれを混ぜ合わせるのですが、手軽で美味しいし、早炊き米なので、普通のご飯よりも早くできる。この間、釜飯の値段を調べようとネットで検索してみたら、業務用の50個セットで、1つあたり約400円でした。ですから、おそらく定価だと450円かそれ以上というところでしょうか。それが3つセットでついてくるから、利回りはだいたい1.6%くらいかなと想像しています。現金配当は1.88%ですから、それを合わせると3.5%くらいの実質利回りになるので、悪くないと思いますヨ」

リベレステ<8887>

「リベレステ<8887>は首都圏で分譲マンションの“ベルドゥムール”を展開している不動産会社。ここはなんといっても、配当がスゴイ! 4.72%と、頭ひとつ抜けています。私も長年保有していますヨ。ただ、優待はあまり冴えないんですよネ...。100株保有で、2人まで1泊2食8500円になる星野リゾート裏磐梯ホテルの宿泊優待券が年2回もらえるのですが、優待=タダをモットーとしている私としては、割引券では物足りないところ。宿泊するホテルが限られているのも使い勝手としてはイマイチ。金券ショップにもっていっても非常に安い値段でしか買い取ってもらえないんです。ただ、やはり配当が5%近いですし、今600円台をウロウロしてますが、理論株価は1000円を超えています。以前なら、5%の配当がゴロゴロしていましたけれど、アベノミクスで株価が上がってしまったので今5%以上の配当があるモノはほぼゼロに等しい状態。長年トップクラスの配当を維持しているのも評価ポイントです」

★桐谷さんの連載は今回で終了します、ご愛読をありがとうございました。
第1回目から読みたい方はコチラ!
桐谷広人さんが教える!365日株主優待生活

桐谷 広人さんプロフィール
1949年広島県出身、将棋棋士・投資家。日本テレビ系のバラエティ番組『月曜から夜ふかし』で現金を使わず、株主優待のみで生活をする姿が話題になった。現在はテレビ、雑誌、書籍などで幅広く活躍し『桐谷さんの株主優待生活』など著書多数。

取材・文/西尾英子 撮影/松本英明

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。