質感描写と深い色合いが魅力!

それでは最後にダイレクトイメージセンサーで撮った作例をご覧下さい。RAWデータで撮って現像するのがベストですが、今回は全てJPEGの最高画質で撮影して、リサイズしただけの画像です。RAWで撮影しなくても、その素晴らしい発色と質感描写は充分に発揮されるので、高画質を求めるビギナーの方もぜひ『SIGMA dp2 Quattro』にチャレンジしてください。

私が特に感じたのは赤系の発色の良さと、全ての色に対する色乗りの良さです。一般的に色乗りが良くなると色合いが派手になったり、塗りつぶされたように濃くなってしまいますが、dp2 Quattroの場合はディテールを残したまま、そこに深い色が乗ってくれます。また解像度が非常に高く、クルマやバイクなどの金属系の質感が抜群にいい感じです。動物や人間では硬調するぎるため、ポートレートモードを使うことをお勧めします。
説明用画像

日陰に咲いた昼顔の花。紫色の微妙な変化と階調が再現されている。また大型センサーのおかげで背景のボケも美しい

説明用画像

昼寝中のネコにこっそり近付いた。ローアングルの時は親指でシャッターを押すとブレにくいのだ

説明用画像

100%にして切り出した画像。ネコの毛が1本1本数えられるほど分離している。一眼レフでもなかなかここまでシャープに撮れない

説明用画像

真っ赤な鳥居、おそらく素材は木製ではなくコンクリートであること分かる。このように渋い赤は再現が難しい

説明用画像

dp2 Quattroはモノクロモードでも真価を発揮する。豊かな階調性と質感描写の良さが充分発揮された
 

高画質の意味を問う問題作

『SIGMA dp2 Quattro』はズームなし、手ぶれ補正なし、動画機能なし、高感度に弱いなど、一般のデジカメと比較すると見劣りする部分があります。しかし、それを忘れさせてしまうほど、印象的な色と質感の写真が撮れるカメラなのです。いい写真を撮ることを最優先したデザインと操作性は、このカメラを使うほどに体に馴染んで、自然と操作ができるようになります。撮影機能で不足を感じる部分はほとんどありません。動きの早いスポーツなどは苦手ですが、それ以外のジャンルなら何でもこなせます。特にお勧めなのは、風景、あるいはスイーツなどの柔らかい被写体ではなく、クルマや飛行機、列車など硬質な素材で出来た被写体です。レンズは歪みが少なく建築物も得意です。

高画素イコール高画質でないことをdp2 Quattroを使ってぜひ実感してみてください。

 






■容量たっぷり20GB、国内通話5分無料も付いて、2970円(税込)


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。