Tonsの超小型LED器具

2014undefinedLED NEXT STAGE

写真2. 国際展示場で開かれた2014 LED NEXT STAGEでの様子

照明器具の放熱技術が向上すると、器具はさらなる小型化を目指します。特に空間全般を明るくする全般照明用器具や空間にアクセントを作る局部照明用器具には、より小型化された器具に関心が寄せられています。

今春、東京で開催されたLED NEXT STAGEの展示会場で比較的小型の器具を揃えたメーカがありました。(写真2)

aeco light(AECOテクノロジーズ株式会社)が扱うTons製品です。aeco lightは世界中の高品質な照明器具を通して、美しい照明デザインと空間作創りをコンセプトに活動している企業で、今回はその中でもTonsブランドに力を入れて出展していました。

Tonsはダウンライト、スポットライトを主体にウォールライトや屋外用照明器具など豊富なラインナップのLED器具を開発していますが、住空間でも効果の発揮が望める器種が幾つもあります。なかでも「超小型」と言える器具に目を引いたので、ここに紹介します。

一つは開口部がΦ40のダウンライト器具です。
施工例

写真3. 写真右上のミニダウンライト(DA-011R)を使用した会議室

これはTonsが誇る照明の一つで、器具の存在をほとんど感じさせないミニダウンライトです。60°のグレアカットによって、通常視点で一切のまぶしさがなく、壁面にあまり光が当たらないよう、壁から少し離して配灯すれば、空間は暗い環境を保ちながら手元や足下を明るく照らすことができます。(写真3)

例えばソファーに座って大型TVやプロジェクターによる鑑賞に、映像効果を損なうことなく手元や床面を広く明るくすることができるのです。器具はLED3.9Wを使用しており、これはダイクロハロゲン電球(高色温度で紫外線をカットしたタイプ)の40W相当の直下照度が得られます。

棚下灯

写真4. 照射角度の調整可能な超小型器具による棚下照明例

同じ開口径でLED3.9Wを使用したDisplay Case Lights(棚下照明用)もあります。

超小型にもかかわらず、ある程度の照射角度が調整可能なことも使い勝手を高めています。(写真4) 




 
次にウォールライト(壁埋め込み)シリーズがあります。
施工例

写真5. 写真左下の楕円形壁埋め込み器具(DA-E04) の使用した例

このシリーズには楕円形(写真5)と正方形、長方形があり、光のでる開口部は小さいにも拘らず、光が床面を効果的に照らしてくれます。これらの器具を足元灯として使う場合、通常は床から器具芯で30cmくらいの高さを目安にしますが、通常視点でまぶしさを感じさせません。

アウトドア用スポットライト

写真6.非常にコンパクトな屋外用スポット器具(KA-A101)

ウォールライトシリーズには屋外用のスポットライトがあります。器具寸法は幅が44mm、奥行き60mm、高さ79mmで、極端な言い方をすればジャケットのポケットに入ってしまうほど、かなりコンパクトな器具なので、軒下や外壁に取り付けても器具はほとんど目立ちません。(写真6)


 
地中埋込み器具

写真7. 展示会で紹介された床(地中)埋込み器具を使用した例

最後の紹介するのが埋め込み寸法がΦ42床埋め込み器具です。設置の容易さと耐久性により、Tonsの屋外用ライティング製品の中でヨーロッパで最も人気があります。(写真7)

なお、上記のLED器具はいずれも50,000時間のランプ寿命があります。また6000K(CW)、4000K(NW)、3000K(WW)の光色があり、用途に応じて選ぶことができます。床埋め込み器具に関しては、別に赤、青、緑、アンバーの光色があります。

超小型器具で明るさの取れないものは今までもありました。しかし、ダイクロハロゲン電球20~40W相当の明るさでこれほど小さいのは珍しいと思います。これらの器具は省エネルギーに貢献するだけではなく、省スペースにも寄与するのです。

商品についての詳細は下記のHPをご覧ください。
aeco light(AECOテクノロジーズ株式会社)

写真3.5.6提供:AECOテクノロジーズ株式会社

Copyright(c)中島龍興照明デザイン研究所  All rights reserved.



匿名で優良会社にリフォーム相談!

ホームプロでリフォーム会社を探す

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。