手首や指の痛みの放置は肩こりにもつながる?

手首や指の痛みを放置しておくと悪化したり他の症状の要因になったりしてしまいます

手首や指の痛みを放置しておくと悪化したり他の症状の要因になったりしてしまいます

毎日当たり前のように使っている手や指は、痛みや違和感が生じると「とたんに気になりだしてしまう」といった話はよく聞きます。気になりだすとそれがストレスになってしまうこともあり、今まで楽しめたことへの意欲も低下して精神的にも良くありません。

手首や指を特定の動かし方さえしなければ、違和感や痛みも感じない、というケースもあれば、関節付近が腫れてきてしまいツライ……というケースもあります。ツラさや日常生活に困る程度にも個人差はありますが、我慢して放置しておくと、腕のだるさや肩こり、首の症状にも発展しかねないため、できるだけ予防することが大切です。


手・指に負担をかけても腱鞘炎にならない人がいる

自分でも気付かないうちに、腱鞘炎が起こりやすい状態に陥っている可能性があります。長時間パソコンを使用していても、腱鞘炎になる人とならない人がおり、これは手・指の筋肉疲労の回復度合いや負担のかかり方に違いがあることが考えられます。

■例  姿勢のアンバランスが関わっているケース

職場でパソコン使用時の姿勢が猫背姿勢であると、普通に手・指を動かしているつもりでも、使われている筋肉や関わる関節への負担が強まる可能性があります。そして仕事で疲れ果てて遅い時間に帰宅し、ゆっくりくつろぐ間もなく就寝。このような毎日を送っていると、手・指を動かす筋肉の疲労も解消できないまま、腱鞘炎を発症しやすい状態へ近づいてしまいます。

リラックスができる時間があったり、ストレッチが日課になっているなど、疲労した筋肉が解消できる生活スタイルであることは、腱鞘炎の予防につながるでしょう。


腱鞘炎予防のためのチェック方法

腱鞘炎になってしまう可能性がある時、手首や指の動きがぎこちなくなり、動きの硬さも自覚できる場合が多いです。

起床後や仕事後など、腕の挙げやすさに違いがでることがあります

起床後や仕事後など、腕の挙げやすさに違いがでることがあります

1. 両腕を体の前方へ床と平行になるように挙げます。









肩関節やヒジの関節の状態が腕の筋肉に影響を及ぼすことがあります

肩関節やヒジの関節の状態が腕の筋肉に影響を及ぼすことがあります

2. 手のひらを天井の方へ向けてみましょう。この時、天井方向へ向けにくかったり、向きに左右差が生じていたら、肩周りをはじめ、腕の疲労が進みつつある可能性があります。






こぶしをつくると手を振りたくなるようなだるさに見舞われる人も要注意です

こぶしをつくると手を振りたくなるようなだるさに見舞われる人も要注意です

3. そして、秒針のある時計を見ながら、秒針に合わせて両手をグー、パー、グー、パーとリズミカルに握る・開くを繰り返してみましょう。その際、次の点をチェックします。当てはまるものがあれば、手・指の関節へ負担のかかるような筋肉の緊張がみられる可能性大です。






しっかりと指を伸ばすとツッパリ感や痛みを感じる場合もあります

しっかりと指を伸ばすとツッパリ感や痛みを感じる場合もあります

□ グーからパーへの動きがぎこちない。または、動きのなめらかさに左右差がある。

□ グーからパーへ手を開いた時に、指が伸びきらず、手にツッパリ感や痛みを感じる。

□ 指を動かしていると、パキパキと音がする。

□ 5回繰り返した頃に腕や手がだるくなり、疲れてしまった。(もっと早い段階で疲れを感じる人もいます)


親指を中に入れない握りこぶしでもチェックすることができます

親指を中に入れない握りこぶしでもチェックすることができます

4. 親指を中に入れて、グーをつくり、ゆっくりと手首をグル~っと回してみましょう。下記項目に当てはまりますか?

□ 手首周辺や腕に違和感や痛みを感じるたり、こわばりがあるように感じる。

□ 手首を動かす角度によっては、強い痛みを生じる。

□ 右手首が回しにくく左手首はスムーズ、といったような左右差を感じる。


ド・ケルバン病に用いるテスト

フィンケルシュタインテスト変法という方法です

フィンケルシュタインテスト変法という方法です

病院でも行われるテストです。手首の親指側が腫れていたり、圧して痛みのある場合など「ド・ケルバン病」の疑いがあるときに確認する方法です。チェックしたい側の親指を内側へ曲げて握りこぶしをつくり、手首を床方向(小指側)へ曲げてみましょう。痛みが強まるようであれば、ド・ケルバン病の疑いがあります。


既に痛みや腫れといった症状が見られる場合は、整形外科を受診すると診察結果により投薬や処置などを受けられます。今のところ症状はないけれど、予防をしたいという場合のエクササイズなどのご紹介は、以下の通りです。

■ 予防法、緩和対策、エクササイズはコチラ(近日、更新予定)

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※当サイトにおける医師・医療従事者等による情報の提供は、診断・治療行為ではありません。診断・治療を必要とする方は、適切な医療機関での受診をおすすめいたします。記事内容は執筆者個人の見解によるものであり、全ての方への有効性を保証するものではありません。当サイトで提供する情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社、各ガイド、その他当社と契約した情報提供者は一切の責任を負いかねます。
免責事項