復旧キーを発行する

次の画面では「復旧キー」が発行されます。これは、パスワードを忘れたときや、登録した携帯電話をなくしたときに必要になります。必ず印刷またはメモして、安全な場所に保管しておきましょう。
復旧キーをメモしてから[続ける]をクリック

復旧キーをメモしてから[続ける]をクリック


次に、先ほどの復旧キーを入力します。印刷またはメモしたものを見ながら入力します。
復旧キーを入力してから[確認]をクリック

復旧キーを入力してから[確認]をクリック


そして、2ステップ認証を使う際の注意事項について確認します。同意するためのチェックを入れたら[2ステップ認証を有効にする]をクリックします。
[以上の条件に同意します。]にチェックを入れて[2ステップ認証を有効にする]をクリック

[以上の条件に同意します。]にチェックを入れて[2ステップ認証を有効にする]をクリック


これで、2ステップ認証の設定が終わりました。今後、普段使っていないパソコンなどからログインするときには、登録した携帯電話に送られてくる認証コードが必要になります。
2ステップ認証の設定が終わった

2ステップ認証の設定が終わった



復旧キーは必ず保存すること

2ステップ認証を有効にしたときには、パスワードを変更したり、パスワードを忘れたときの再発行にも復旧キーが必要になります。普段からApple IDを使っていればパスワードを忘れるということはないかと思いますが、万が一のときを考えて、必ず復旧キーは保存しておきましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。