ニュージーランド南島の玄関口、クライストチャーチ国際空港

ニュージーランド南島の玄関口、クライストチャーチ国際空港

ニュージーランド南島の玄関口、クライストチャーチ国際空港

ニュージーランド南島の空の玄関口と呼ばれるクライストチャーチ国際空港は、クライストチャーチ市街地から北西へ約12kmの場所に位置します。ニュージーランドの夏季(11月~3月頃)には日本からニュージーランドへの直行便もある、ニュージーランド南島最大の空港です。

国際線と国内線のターミナルが同じ建物内にありますので、乗り継ぎは徒歩で5分~8分ほどでできます。

この記事では、クライストチャーチ空港の詳細、市街地までのアクセスなどを紹介します!

クライストチャーチ空港の主な施設

クライストチャーチ空港のレンタカーカウンター

クライストチャーチ空港のレンタカーカウンター

クライストチャーチ国際空港は2013年に国内線ターミナルの増改築工事が終わり、大幅にアップグレードしました。

クライストチャーチ空港内には、カフェ、フードコート、お土産屋さん、携帯ショップ、両替所、銀行、レンタカー会社、観光案内所、免税店などがあります。またクライストチャーチ空港内では無料Wi-Fiが利用できるようになっており、タブレットやスマートフォンなどから簡単に繋ぐことができます。

無料Wi-Fiへの繋ぎ方はとても簡単! Wi-Fiをオンにし、CIAL_Free_WiFiというネットワークを選ぶと承認画面が現れるので、あとはAccept Terms and Conditions(利用規定を承認します)を押すだけです。

入国審査から到着ロビーまで

ニュージーランド南島最大の空港とは言っても、日本の成田や関空と比べてそれほど大きな空港ではないので、航空機を降りたら入国審査まで数分でたどり着くことができます。

入国審査の後、ターンテーブルで荷物を受け取ったら税関へ移動します。ニュージーランドでは、はちみつ、肉などの食品の持ち込みが厳しいので、簡単な質問をされることがあります。食品を持ってきた場合は、入国カードにチェックし何を持ってきたのか落ち着いて答えれば大丈夫。不安であれば、事前に英単語をチェックしておくといいですね。

オークランドなどニュージーランド国内の都市を経由してクライストチャーチに来る場合は、ニュージーランドで最初に到着した都市で入国審査を行うので、クライストチャーチでの荷物検査はありません。預けた荷物を受け取るターンテーブルは、到着ゲートを出てすぐ目の前のエスカレーターを降りたところにあります。

クライストチャーチ空港から出国

夏にはクライストチャーチ直行便もあるニュージーランド航空

夏にはクライストチャーチ直行便もあるニュージーランド航空

チェックインを済ませ、セキュリティを通ってから出国手続きがあります。出国時には簡単な出国カードの記入が必要なので、出国手続きに並ぶ前に書いておきましょう。あとは搭乗ゲートに移動するだけ。

ここには免税店があるので、ワインやはちみつ、羊毛製品などニュージーランドのお土産を購入できます。ニュージーランド航空の場合は、出国便はオークランド空港経由となるので、オークランドの免税店で購入することもできますよ。

国際線フライトではチェックインが混み合うこともあるので、出発2時間前には空港に行き、時間に余裕を持っておくといいですね。

クライストチャーチ空港から市街地までの交通アクセス

クライストチャーチ国際空港から市内までは約12キロとあまり離れていませんし、通勤時でもそれほど長い渋滞となることもありません。空港から市内へのアクセスは、タクシー、シャトルバス、市バスを選ぶことができます。

■タクシー
空港から目的地まで直接向かう、時間を節約したい人におすすめ。空港の外に常時待機しており、市内中心部までの時間は約20分で価格は45ニュージーランドドル(約4000円)~。

■シャトルバス
低料金で便利なシャトルバス

低料金で便利なシャトルバス

低料金でタクシー並みに便利なのがシャトルバス。シャトルバスとはミニバンのことで、乗るときに目的地を伝え、近い人から順に降ろしてくれます。ある程度の人数が集まると出発し、空港から市内中心地までは20~30分。料金は人数によって変わりますが、一人だと24ニュージーランドドル(約1800円)で、2人以上のグループの場合は1人追加につき5ニュージーランドドルずつ追加となります。こちらも空港のすぐ外に常時待機しています。

■市バス
市バスはクライストチャーチ市民の足

市バスはクライストチャーチ市民の足

市バスなら片道8ニュージーランドドル(約720円)、往復14ニュージーランドドル(約1260円)。一番安く市内へ行ける交通手段です。3番バスと29番バスの2ルートがあり、3番バスは南島最大のショッピングモールのあるリカトンロード経由で、29番バスはほぼ最短で空港へ行くフェンダルトン経由のルートとなります。

待ち時間が長く、市内まで30分ほどかかります。また到着したバス停から目的地までは自力での移動となるので、旅行初心者の方には、タクシーやシャトルバスが安心ですよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※海外を訪れる際には最新情報の入手に努め、「外務省 海外安全ホームページ」を確認するなど、安全確保に十分注意を払ってください。