ドラッグスターは排気量によって性格が違う

ドラッグスター250undefinedフロントビュー

ドラッグスター250 フロントビュー


日本のアメリカンバイクと言えば、まず名前があがるのがヤマハのドラッグスターです。ドラッグスターにはカタログ落ちしてしまったドラッグスター1100、現行のドラッグスター400、今回試乗インプレッションをお届けするドラッグスター250の3つの排気量のモデルが存在します。

残念ながらカタログ落ちしてしまったドラッグスター1100の試乗経験はないのですが、ドラッグスター250とドラッグスター400は排気量の異なる兄弟車両とは思えないほど特性が異なります。

ドラッグスター250は足つきが良く軽量なので女性に人気ですが、確かに車両は軽量で身長165cmの私でも両足がべったりと地面につくので足つき性は良好です。ファーストインプレッションは、確かに女性でも気を張らずに乗れそうな車両だなと感じましたが、今回もしっかりと一週間通勤で使用しました。

お借りしたドラッグスターはブルーとホワイトのツートンカラーが爽やかなクラシックエディションで、まさにヤマハが女性を意識したモデルです。

燃料噴射にアナログなキャブレターを採用

ドラッグスター250undefinedマフラー

ドラッグスター250 マフラー


エンジンをかける時にまず驚かされたのが、インジェクション車両独特の燃料ポンプの作動音がしないことでした。ドラッグスター250は燃料噴射にアナログなキャブレターを採用しています。

排気ガス規制が改正されて以来、ほとんどの車両は燃料噴射をコンピューター制御するインジェクションに変更されました。インジェクションのメリットをざっくりと言うと、無駄な燃料を消費しないため、燃費に優れておりキャブレター制御と比べて、排気ガスをクリーンにすることが可能な点です。

排気ガスの規制が厳しくなり、アナログ制御のキャブレターでは規制値をクリアすることが難しくなったことで、各メーカーはコンピューター制御のインジェクションを採用するしかなかったのですが、ドラッグスター250はエンジンのセッティングの見直し、二本出しだったマフラーを一本出しにしてエキゾーストの中に触媒を仕込むことで、排気ガス規制に合格しています。

ドラッグスター250は現在手に入れることが出来る数少ないキャブレター制御のバイクなのです。

ドラッグスター250の加速力は意外に優れている

ドラッグスター250undefinedサイドビュー

ドラッグスター250 サイドビュー


車両にまたがりアクセルを回してみると、思いのほかアクセルのレスポンスは良い感じです。前述したとおり、ドラッグスター250は燃料のコントロールに旧式なキャブレターを採用しています。新しい燃料制御ともいえるインジェクションのメリットは前述しましたが、キャブレター制御にもメリットはあります。

その一つがキャブレター独特の加速フィーリングです。アナログ制御のキャブレターは誤解を恐れずに言えば、アクセルを回すほどガソリンが噴射されます。そのためアクセルを回すとダイレクトに回転が上がって加速していくフィーリングはキャブレターの特徴といえるのです。

特に近年はインジェクションのセッティングが乗り手に優しいセッティングになっているので、走り出しの加速は鈍い傾向にあります。またドラッグスター250のエンジンは高回転までスムーズに回るためキャブレターのフィーリングも伴い、かなり気持ちよく加速することが出来ます。

車重の軽さや足つきの良さなどから女性向け車両として注目されがちなドラッグスター250ですが、男性が乗ってもこの加速フィーリングは充分に楽しめます。

ドラッグスター250は気軽に乗ることが出来る1台

ドラッグスター250undefinedリアビュー

ドラッグスター250 リアビュー


素晴らしい加速フィーリングに次いで特筆すべきなのが素直なハンドリングです。スポーツタイプの車両に比べてアメリカンバイクの場合キャスターが寝ているのでライダーからすると遠い位置にタイヤが装着されています。

このような車体構成の場合はハンドリングに癖があることが多いのですが、ドラッグスター250は素直なハンドリングで思ったように曲がることが出来ます。走行時に車線変更する際にはダイレクトに加速するエンジンと素直なハンドリングでスムーズに車線変更することが可能です。

ネガティブな癖がほとんど見当たらず、軽量、足つきが良いドラッグスター250はちょっとコンビニに行くのにもバイクを出すのが億劫になりません。女性向けといわれがちですが、ダイレクトな加速フィーリングはむしろ男性に好まれる特性といえます。

女性、男性問わず肩肘張らずに付き合えるおすすめの1台です。

ドラッグスター250関連リンク

試乗記事では確認できないエンジン音やマフラー音は動画でご確認下さい。

■ドラッグスター250のエンジン音 マフラー音はこちら

長距離走行なら排気量が上のドラッグスター400がおすすめです。

■ドラッグスター400の試乗インプレッションはこちら

ドラッグスター250をちょっとカスタムするなら


前述の通り、ドラッグスター250は初心者や女性が選ぶことも多い車両ですが、立ちゴケが怖いならバンパーがおすすめ。車体が倒れてしまってもバンパーが支えるので傷が付きにくく、起こすのも楽になります。


ドラッグスター250には大きめのウインドスクリーンも似合います。遠くまで出かける際には装着してある事で疲労を軽減したり、小雨も防ぐのでおすすめです。

■関連記事
【2016年】250ccバイクのおすすめ15台&試乗レポート

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。