海外では絶好調、でも日本では…

PS4の図

国内ではどうしても苦しいPS4

PlayStation4(以下PS4)が好調だというニュース、時々聞きますよね。先行して発売されたWii Uを抜いて、ライバルのXbox Oneにも競り勝って、実際、今1番勢いのあるゲームハードはPS4かもしれません。ただし、それは海外の話です。

実は、日本市場においてはPS4かなり苦戦を強いられています。日本のゲームメーカーが出しているゲームハードであるにも関わらず、海外で売れて、日本で大苦戦をしているのです。PS4の日本での販売台数は約60万台、1週間の販売台数は1万台を切ることが多くなっています。ちなみにこれは、スタートでかなり苦労したPlayStation3や、苦戦がたびたび報じられているWii Uと比べても低い数字です。

なんで、海外で売れて日本で売れないのでしょうか? ちょっと考えてみましょう。

そもそも据え置きハードが売れていない

次世代据え置きハードの図

2014年9月に日本発売予定のXbox Oneも同様に、かなりの苦戦が予想されます

この話をするに至って、そもそも、海外と比較して据え置きハード全般が売れていない、という点を確認する必要があります。ニンテンドーDS(以下DS)やPSPの世代から、日本のコンシューマーゲーム業界は、携帯ゲームハードが主流になりました。

なぜ携帯ゲーム機が主流になったのでしょうか? DSやPSPのヒットには「東北大学未来科学技術共同研究センター川島隆太教授監修 脳を鍛える大人のDSトレーニング」がヒットしたとか、「モンスターハンターシリーズ」に代表されるワイヤレス通信によるマルチプレイが流行ったとか、色んな要因が考えられるんですが、一方で、据え置きハード衰えの背景として、タイトル数の減少が挙げられます。

そう、実は据え置きハードの発売タイトル数というのはとても減少しています。PS3はスタートでつまずいたものの、後半盛り返してタイトルが充実した、という印象の人、多いんじゃないでしょうか。しかし、実際には、後半もタイトル数はさほど多くありません。パッケージソフトが最もたくさん発売された年で、その数約150タイトル程度。ちなみに、PlayStation2の全盛期は450タイトルを超えます。また、DSもやっぱり最盛期は約450タイトルほどが発売されているんですね。ちなみにWiiもやっぱり少なくて、最高でも年間約120タイトル程度。

じゃあ、なんでタイトル数がこんなに減ってしまったのか、というところが今度は問題になります。PS3やPS4の話を中心に、なぜタイトル数が減っているのか、その理由を考えてみたいと思います。