シングルマザーが気をつけたいこと

子どものことは、信頼できる人にまかせておこう。気にしてばかりでは楽しい時間が過ごせない

子どものことは、信頼できる人にまかせておこう。気にしてばかりでは楽しい時間が過ごせない

シングルマザーは花火大会や夏祭りのときに、どうしても母親の顔になってしまいます。もちろん、子どものことが心配なのはわかりますが、せっかくのデートなのだから、女性の顔になりましょう。子どものことが気になって、デートどころではない!なんてことになったら、とても残念です。子どもは信頼できる人に頼むこと。そうすれば安心できますね。

でも、あまり遅い時間になってしまうのもダメです。デートなので、時間がすぎるのが早いですが、家に帰る時間を子どもと約束したのなら、それを守りましょう。


甘えた雰囲気を出す

夏のイベントは、たくさんの人が見物に来るので、とても混雑します。そこで、はぐれないように手をつないでもらえるように甘えた雰囲気を出しましょう。男性は、一人でも生きていける女性には興味がありません。シングルだから頑張らないといけないと思っているかもしれませんが、時には頼る、任せる、甘えることが必要ですね。

もし、手をつなぐきっかけがないなら、ちょっとよろけてみるといいかもしれません。それでも気が付かない男性は、あなたに興味がないか、人間的に問題のある人ですが、デートするくらいなら、ちゃんと支えてくれるはず。これをチャンスと思ってください。一度手をつないでしまえば大丈夫です。それが普通になってきて、後は抵抗なく手をつなげるようになります。


夏の一番楽しいイベントは、相手との距離を縮ませるまたとないチャンスです。これを活かさない手はありませんよ。
※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。