郵便受けを覗くと、DMが入っていた。「こんなの、誰が読むのかな?」と思いながら、そのままゴミ箱に捨てた。多くの人が、週に何回かはこんな経験をしているのではないでしょうか?

その結果、「DMは読まずにポイ捨てされるもの」と考えている販促担当者は少なくありません。

しかし実際には、DMそのものが無くなることはなく、今でも根強い人気を保っています。今回は、そんなDMの種類について、さまざまな角度から紹介します。
 

送付方法別DMの種類

DMには、さまざまな種類があります。メリットとデメリットを考えながら、最適な手法を選びましょう

DMには、さまざまな種類があります。メリットとデメリットを考えながら、最適な手法を選びましょう

送付方法別に見ていくと、DMには下記のような種類があります。

1.郵送DM
その名の通り、郵送によってDMを届ける方法で、最もオーソドックスな送付方法と言えます。ターゲットの手元に、比較的長くDMを置いてもらえるのが特長です。

【メリット】

  • to B、to Cどちらに対しても活用できる
  • 多くの情報を掲載しやすい
  • カラーを使って、インパクトのあるデザイン表現が可能
  • クレームが発生しにくい
  • 開封率や反響率アップなどの工夫がしやすい


【デメリット】

  • 1通あたりにかかるコストが高い
  • 印刷や宛名書きなどに時間がかかる
  • 開封率が低い


2.FaxDM
Faxを使ってDMを届ける方法です。郵送DMと比べると、ターゲットからのレスポンスが早いのが特長です。

【メリット】

  • 届いた時点で開封率が100%に近い
  • 発送までにかかる時間が短い
  • 1通あたりにかかるコストが安い
  • to Bの場合、発送業者などから送り先のリストを入手しやすい


【デメリット】

  • to Cには、ほぼ活用できない
  • A4×1ページという制限があるため、掲載できる情報量が少ない
  • カラーが使えないので、ビジュアル的なインパクトに欠ける
  • 相手の用紙やインキを使用するため、クレームが発生しやすい


3.メールDM
Eメールを使ってDMを届ける方法です。郵送DMはもちろん、FaxDMと比べても、ターゲットからのレスポンスが早いのが特長です。

【メリット】

  • Webサイトと連動した販促が行いやすい
  • 発送までにかかる時間が短い
  • 費用対効果が高い
  • 1通あたりにかかるコストが最も安い


【デメリット】

  • 開封率が低く、開封率アップのための工夫がしにくい
  • 「迷惑メール」扱いされやすく、イメージが良くない。クレームが発生することもある
  • 特定電子メール法を遵守する必要がある
  • 送り先のリストを入手するのに手間がかかる


それぞれ一長一短であることがおわかりいただけたでしょうか。

FaxDMやメールDMについては、今後、別記事で詳しく紹介することにして、「DMのポイント」記事としては郵送DMについて解説を行っていきます。