ガラス扉で高級化~日立・ビートウォッシュ

タテ型洗濯機2014

ガラス扉採用のプレミアム仕上げ ※画像:ニュースリリースより

洗濯槽の「自動おそうじ機能」や、10kgの大容量化、洗濯槽の水を循環させ節水しつつ大水量で洗う仕組みなど、常にタテ型洗濯乾燥機を牽引してきたビートウォッシュ。今年も新たな提案で、洗濯機のトレンドを牽引していきます。2014年新製品の目玉は、デザイン性と清掃性を向上した、強化ガラスの1枚パネル扉。スッキリとした高級感のある仕上がりで、プレミアム感ある洗濯乾燥機になりました。
 
もちろん基本性能も強化。タテ型では唯一循環ポンプを搭載(最上位モデル)し、水量をさらにアップし毎分45Lの大水量で洗う「ナイアガラ循環シャワー」を開発。押し洗い・たたき洗い・揉み洗いが再現できる新開発の「ビートウィングX」との相乗効果で、洗浄力をさらに向上しました。全自動洗濯機も10kgの大容量タイプはじめラインナップ豊富です。

【参考サイト】
メーカー製品サイト・ビートウォッシュ
ニュースリリース