意外と知らないことも多い、洗濯機の種類について解説

意外と知らないことも多い、洗濯機の種類について解説

洗濯機を選ぶには、自分がどのようなタイプが必要なのかを見極めなくてはなりません。最近は洗濯機と言っても、機能によりタイプがいろいろ出ています。そこでまず、洗濯機を機能別に整理してみましょう。

 

「洗濯乾燥機」は衣類を乾燥させるためのヒーターを搭載

「乾燥機を別で持っていたけど、一体式に買い換えたい!」「乾燥機が欲しかったけどスペースがなかった。一体式なら欲しい!」と思っている方におすすめ。 読んで字のごとく「洗濯機」と「乾燥機」が合体したもの。衣類を乾燥させるためにヒーターを搭載していて、完全に乾燥させることができるタイプです。
※ドラム式・タテ型ともにあります。


■代表機種:ビッグドラム【BD-NX120A】(日立)※2016年11月発売
時速300kmの風で乾かす「風アイロン」により、乾燥シワが限りなく軽減。熱をリサイクルするヒートリサイクル乾燥でヒーター乾燥ながら省エネ!

洗濯槽の「自動おそうじ」機能搭載。ビッグドラムと水量たっぷりの「ナイアガラ洗浄・ナイアガラすすぎ」や「温水洗浄」で洗浄力も高くて安心。
  「日立 洗濯乾燥機 BD-V7300」(※2011年モデル) お試しレポート >>


■代表機種:レギュラードラム【NA-VX9700】(パナソニック)※2016年9月発売
「ななめドラム」の代表格。乾燥工程でヒートポンプを使うことで、大幅な省エネを実現。「温水泡洗浄W」や「ふんわりジェット乾燥」で、洗浄力と乾燥仕上り共に強化している。コンパクトさとデザイン性で支持率が高い。カラータッチパネルで操作もしやすい!
  パナソニック 洗濯乾燥機 NA-VX7000」(※2011年モデル) お試しレポート >>

 

「全自動洗濯機(簡易乾燥機能付き)」はヒーターを使わずに風を利用

「乾燥機までは必要ないけれど、室内で干す時にもっと乾いていたら……」といった要望に応えて開発された製品。全自動洗濯機に「風乾燥」が搭載されているタイプです。最近は大半の全自動洗濯機にこの機能が搭載されています。

ヒーターを使わずに風を利用し、高速脱水でより乾燥した状態にしているものが主流。使い方としては、室内干しの時により乾きやすい状態にするとか、化繊のものを少量だけ乾かしたい時などに利用するイメージです。完全乾燥ではなく生乾きの仕上がりということですので、お間違いなく!


■代表機種:全自動洗濯機【AW-10SD6】(東芝)※2017年8月発売
風乾燥ながら化繊で3kgまでなら乾かすことが可能。洗濯槽自動お掃除機能も付いているので清潔が維持しやすい!
 
■代表機種:【ES-GV10B(シャープ)※2017年6月発売
Ag+イオンコートの穴なし槽は、節水効果とカビ防止効果で人気。「穴なしサイクロン洗浄」による高い洗浄力や、すすぎ1回用の洗剤に対応した 「すすぎ1回」コース、脱水後の洗濯物のからまりを抑制する「ほぐし運転」など、使い勝手が良い。
  全自動洗濯機には、乾燥機能は一切ついていない、洗濯から脱水までを自動で行う機器もあります。以前は主力製品でしたが、最近はひとり暮らし用など、少容量タイプでも「簡易乾燥」が搭載されているので、あまり見かけなくなりました。
 
洗濯機の選び方のポイント:洗濯機の扉の開閉 >>



■洗濯機・洗濯乾燥機のおすすめ・メーカー別INDEX 【関連記事】

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。