東芝の洗濯機・洗濯乾燥機

ヒートポンプの性能はじめ、サスペンションやモーターなど基本技術の高さが売り。静音性の高さで夜家事派に人気が高い。またエコを実感したい人にはうれしい、電気代が分かるなどの「省エネの見える化」にいち早く着手した点も、技術力の高さを感じさせます。


■代表機種:ドラム型洗濯乾燥機【TW-117X5L/R】※2016年10月発売
11kgで本体幅60cmで設置性を向上。防汚コートで汚れを寄せつけない「Bigマジックドラム」でドラムの清潔性をキープ。独自の「アクティプS-DDモーター」と「振動吸収クッション」で、スピード・洗浄力・静音性をバランスよく実現。

汚れや衣類に合わせて5段階の温度が選べる「温水ザブーン洗浄」で洗浄力を向上。5つのセンサーにより、衣類に合わせて自動で省エネ。

「東芝 洗濯乾燥機 TW-Z9100」 (※2011年モデル)お試しレポート >>


■代表機種:タテ型洗濯乾燥機【AW-10SV6】※2017年7月
繊維の隙間より小さいサイズの泡「ウルトラファインバブル洗浄」を業界初搭載したのが目玉。皮脂よごれの蓄積を抑制でき黄ばみを低減したり、冷たい水でも汚れが落ちる。その他にも、温水洗浄・おしゃれ着洗いなど、さまざまな洗浄コースで洗浄力を向上している。


■代表機種:全自動洗濯機【AW-6D6】※2017年6月発売
洗濯6kg、2.5kgの簡易乾燥機能付き少量タイプ。パワフルな水流で洗う「浸透ザブーン洗浄」で洗浄力UP。最終すすぎの水を使用して、洗濯槽の外側や外槽の内側・槽の底を掃除する「自動お掃除モード」を新搭載。

【関連サイト】
東芝 洗濯機(メーカー公式サイト)



■洗濯機・洗濯乾燥機のおすすめ・メーカー別INDEX

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。