不正ログインから身を守る

MacやiPhoneユーザーであれば、ほとんどの人はApple IDを持っていることでしょう。Apple IDはiTunes Storeで楽曲を買う以外にも、App Storeでアプリを買ったり、さらにはフォトストリームで写真を転送したりするときなどに使うものです。

もしApple IDとパスワードが盗まれてしまったから、不正ログイン攻撃によって、iTunes Cardでチャージしたお金やクレジットカードが勝手に使われる恐れがあります。

アップルのセキュリティはかなり強固なものとなっており、現時点でアップルからApple IDとパスワードが流出したり、不正ログインがあったりということはありません。ただし、他のサービスで共通のメールアドレスとパスワードを使い回していると、他のサービスから流出したメールアドレスとパスワードで不正ログインされる可能性は十分にあります。最近の不正ログイン攻撃のほとんどは、メールアドレスとパスワードの使い回しを利用したものです。

不正ログインに対抗する防衛策のひとつは、サービスごとにパスワードを使い分けることです。もしApple IDのパスワードを他のサービスのものと使い回しているのであれば、すぐにパスワードを変えましょう。この記事では、Apple IDのパスワード変更の方法を紹介します。


Apple IDのパスワードを変更する

iTunesが起動したら、右上の[iTunes Store]をクリックして、iTunes Storeに移動します。
[iTunes Store]をクリック

[iTunes Store]をクリック


次に、右側にあるナビリンクのなかにある[アカウント]をクリックします。
[アカウント]をクリック

[アカウント]をクリック


この画面ではApple IDだけでなく、住所や購入履歴なども確認できます。パスワードを変更するときには、パスワードの右にある[編集]をクリックします。
パスワード右の[編集]をクリック

パスワード右の[編集]をクリック


すると、パスワード変更の画面になります。新しいパスワードを入力しましょう。なおApple IDのパスワードは、小文字のアルファベットと大文字のアルファベット、数字の3種類を必ず使う必要があります。
新しいパスワードを入力

新しいパスワードを入力



パスワードを使い分けるコツ

サービスごとにパスワードを使い分けて覚えるのはかなり大変です。そこでガイドお勧めのパスワードルールとして「(共通の数文字)+(サービス名)」を紹介します。例えばApple IDのパスワードは「********Apple」とすると、覚える負担が少なく、かつサービスごとに固有のパスワードとなります。さらに一歩踏み込んで、サービス名を前と後ろに分割して「App********le」としてもよいでしょう。

不正ログインへの対抗策のひとつは、パスワードの使い回しを止めることです。これを機に、iTunes以外のサービスでもパスワードを見直しましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。