さまざまなお店のキャラクター

キャラクターが描かれたお店の看板

キャラクターが描かれたお店の看板

お店の看板に描かれているパイプをくわえた紳士は、鎌倉在住の画家・ささめやゆきさんの手によるもの。そのほか、かつてお店で飼われ、みんなに可愛がられていたネコのグーニー君など、お店の歴史とともに、さまざまなキャラクターも生み出されてきました。

もうひとつ、お店とともに歩んできたのが、店内のテーブルに置かれているフリーペーパー『Milk Hall Times』。お店の情報をはじめ、「場所の記憶」と題する、鎌倉のあまり知られていない歴史を紹介するコーナーなど、毎号、読み応えのある内容になっています。

『Milk Hall Times』は、現在、200号を超え、多いときは3000部近く印刷されました。

おすすめは、やっぱりコーヒー

『ミルクホール』のおすすめは、やっぱりコーヒー。マンデリンを主としたほろ苦い、昔ながらのコーヒーをぜひ味わってみてください。
ランチの定番 ハヤシライス

ランチの定番 ハヤシライス

11:00の開店後、14:30までがランチタイム、ティータイムをはさみ、17:00からラストがバータイムの営業になります。

朝からお酒も飲むことができるので、鎌倉で、ひがな一日のんびり、なんていう贅沢をたまには味わってみてはいかがでしょう?

■おすすめメニュー
ブレンドコーヒー/アメリカンコーヒー 700円
ハヤシライス 1300円
カレーライス 1100円 など

<DATA>
■ミルクホール
住所:鎌倉市小町2-3-8
TEL:0467-22-1179
営業時間:11:00~20:30(土・日・祭日は21:30まで)
定休日: 不定休
アクセス:JR「鎌倉駅東口」徒歩6分
ホームページ:http://www.milkhall.co.jp/
地図:http://tabelog.com/kanagawa/A1404/A140402/14000202/dtlmap/

※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。