内田裕也 29年ぶりのシングル!

2014年6月11日、日本を代表するロックンローラー・内田裕也と日本を代表するアイドル・AKB48グループの指原莉乃による最強のデュエットナンバーがリリースされる。
その名もシェキナベイベー
alt=""

シェキナベイベー

 
指原莉乃、福田雄一主演の映画『薔薇色のブー子』の主題歌で、内田裕也にとっては実に29年ぶりのシングルとなる。しかも"秋元康プロデュ―ス"。そのビッグネームの反面、これと言ったヒット曲を持たないことで知られる彼だが、今作はなんだか大ヒットの予感がしないでもない。
 

指原健闘!ストレートなロックンロールナンバー

『シェキナベイベー』はビッグバンド風のストレートなロックンロール。近年のメジャー作品としては非常にシンプルな構成で、秋元康プロデュースながら内田のロックンロールに対する強いこだわりを感じる。

また、僕にとって意外だったのが指原の健闘ぶり。彼女のふてぶてしくビッチなボーカルは絶妙に内田のボーカルにマッチしており、従来のアイドルにありがちだった"なんちゃっての寒々しいロック"とは一線を画しているのだ。

これほどのメジャー性と質を兼ね備えたロックンロール・デュエットは映画『グリース』のジョン・トラボルタ&オリビア・ニュートン・ジョン以来ではないだろうか。
 

 

初回限定盤!フルバージョンのミュージックビデオに注目!

楽曲に負けず劣らず豪華なのがミュージック・ビデオ。

alt=""

 

現在公開されているショートバージョンではうかがえないが、初回限定盤に同封されているフルバージョンでは芸能界、音楽界などから堺正章、シーナ&ロケッツ、白竜、小室哲哉、三原康可、林真理子、リリー・フランキー、Bro.KONE、Zeebraら内田と縁深い(一部よくわからないが)メンバーが出演しているということ。内田が長年志向してきたロックンロールとエンターテイメントの結実がここに成る!の感だ。

なお、初回盤に封入されている券で応募すると、内田裕也、指原莉乃直筆サイン入りロックTシャツが69名に当選する。ロックンロールファンなら初回限定盤をゲットしない手はないだろう。

alt=""

ガイド・中将タカノリと内田裕也。裕也さん、頑張ってください!




※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。