不正ログインを通知する

不正ログインは当然ながら、自分の使っているパソコン以外から行われます。Facebookではパソコンの機種などを判別しており、もし今までに使っていない機器からログインしたときに通知する機能があります。これを利用すると、瞬時に不正ログインされたかどうかを教えてくれます。

この機能を利用するには、設定画面の左にあるリストから[セキュリティ]を選び[ログイン通知]の欄をクリックします。
[セキュリティ]から[ログイン通知]をクリック

[セキュリティ]から[ログイン通知]をクリック


[メール]にチェックを入れると、他の機器からログインされたときに、登録したメールアドレスにメールが届くようになります。[SMS/プッシュ通知]にすると、携帯電話にメッセージが送られるようになります(電話番号か携帯電話のメールアドレス登録が必要です)。
[メール]か[SMS/プッシュ通知]にチェックを入れて[変更を保存]をクリック

[メール]か[SMS/プッシュ通知]にチェックを入れて[変更を保存]をクリック


もし心当たりのないログインの通知を受け取ったら、すぐに前ページの手順でパスワードを変更して、最後の画面で[他の機器からログアウトする]を選びましょう。パスワード変更と同時に、強制的にログアウトさせることができます。


携帯電話を使って不正ログインを防止する

さらに不正ログイン防止策として「ログイン承認」というものがあります。これは、別の機器からログインするときには、自分の携帯電話に送られた暗証番号を入力しないとログインできないようにする機能です。一般には「2段階認証」と呼ばれているもので、不正ログイン攻撃を受けても携帯電話を必要とすることで、ほぼ確実に不正ログインを防ぎます。
[ログイン承認]をクリックしてチェックを入れる

[ログイン承認]をクリックしてチェックを入れる

[こちらからスタート]をクリック

[こちらからスタート]をクリック


ログイン承認機能を利用するには、電話番号か携帯電話のメールアドレス登録が必要です。暗証番号(確認コード)が携帯電話に送られるので、6桁の番号を入力するとログイン承認機能がオンになります。
携帯電話に送られた6桁の番号を入力して[次へ]をクリック

携帯電話に送られた6桁の番号を入力して[次へ]をクリック


なお、これらの設定はスマートフォンからでもできます。iPhoneなら画面右下、Androidなら右上にある[≡]をタップして、リストの下のほうにある[設定](Androidでは[アカウント設定])をタップすると、それぞれの設定画面に移動できます。
(左)[設定]をクリック。(右)[一般]でパスワード変更、[セキュリティ]でログイン通知、ログイン承認の設定ができる

(左)[設定]をクリック。(右)[一般]でパスワード変更、[セキュリティ]でログイン通知、ログイン承認の設定ができる



他の友達のためにも対策は重要

Facebookには居住地や趣味、交友関係などの情報が豊富に集まっています。これらの情報が流出すると自分だけでなく、他の友達にも迷惑をかけることにもなりかねません。対策できることはしっかりと対策しておきましょう。


※記事内容は執筆時点のものです。最新の内容をご確認ください。
※OSやアプリ、ソフトのバージョンによっては画面表示、操作方法が異なる可能性があります。